メインメニューを開く

奥 和義(おく かずよし、1959年 - )は、日本経済学者。専攻は国際経済学関西大学政策創造学部教授[2]

奥 和義
人物情報
生誕 1959年
日本の旗 日本 大阪府
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学経済学部
同大学院
学問
研究分野 国際経済学
研究機関 山口大学
関西大学
学位 修士(経済学)
学会 社会経済史学会
日本地方自治研究学会
日本国際経済学会
日本貿易学会
日本海運経済学会
日本経済政策学会
日本公共政策学会[1]
脚注
ddd
テンプレートを表示

経歴編集

大阪府出身。1983年京都大学経済学部卒業、1985年に京都大学大学院修士課程修了。経済学修士。京大修士課程修了後、1987年に山口大学経済学部助手に就任。1988年、山口大学経済学部専任講師に就任。1990年、山口大学経済学部助教授に就任。1998年、関西大学に移り商学部助教授に就任。2000年、関西大学商学部教授に就任。2007年、関西大学政策創造学部教授に就任。また、関西大学アイススケート部部長、関西大学学生センター部長、山口商工会議所街づくり委員会委員、山口商工会議所街づくり委員会特別顧問、小規模企業海外展開支援事業編集委員などの要職も歴任している。

主な著作編集

  • 「グローバル・エコノミー」(共著)
  • 「国際金融のすべて」(共著)
  • 「日本貿易の史的展開」(共著)
  • 「累積債務の政治経済学」(共著)
  • 「日本経済史5 産業化の時代」(共著)

関連項目編集

脚注編集