女ガンマン 皆殺しのメロディ

女ガンマン 皆殺しのメロディ』(おんながんまん みなごろしのめろでぃ、原題:Hannie Caulde)は1971年公開のイギリス映画ラクエル・ウェルチ主演による西部劇である。

女ガンマン 皆殺しのメロディ
Hannie Caulder
監督 バート・ケネディ
脚本 バート・ケネディ
デヴィッド・ハフト
原案 ピーター・クーパー
製作 パトリック・カーティス
製作総指揮 トニー・テンサー
音楽 ケン・ソーン
撮影 テッド・スケイフ
編集 ジム・コノック英語版
配給 パラマウント映画
公開 イギリスの旗 1971年11月8日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 82分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

クエンティン・タランティーノは、『キル・ビル』の製作にあたってインスピレーションを受けた作品のひとつに本作を挙げている[1]。日本では劇場未公開だが、テレビ放送およびビデオソフト化は行われている。

ストーリー編集

アメリカ西部。町と町の間で夫・ジムと農場を営むハニー・コールダーの日常は、逃亡中の凶悪な犯罪一味にして賞金首であるエメットフランクルーファスのクレメンス3兄弟によって打ち砕かれる。3兄弟はジムを殺害し、彼女を暴行したすえ、住宅を焼き払い、ハニーを炎の中に残して立ち去る。生き延びたハニーが夫の遺体を埋葬しているところを、賞金稼ぎトーマス・プライスが通りかかる。ハニーはプライスに事情を語り、「復讐のためにガンマンとして鍛えてくれ」と頼み込む。プライスは断るが、ハニーはプライスの旅路を延々とついて行く。

プライスはハニーが悪夢に悩まされる様子を見たことで彼女の願いを受け入れ、ともにメキシコ銃鍛冶ベイリーをたずねる。ベイリーは速射性を高めるために引き金のすぐ下に撃鉄を配置した特製のリボルバーを作り、ハニーに与える。プライスが考案したさまざまなトレーニング法でガンマン修行に励むハニーだったが、ベイリーの家を無法者の集団が襲って銃撃戦が繰り広げられた際に、とどめを刺すことができなかった。

一方、クレメンス3兄弟は各地で銀行強盗などを繰り返しながら、西部の荒野をひたすらに逃げ続けていた。また、プライスと旧知の黒衣のガンマン・通称「説教師」が、メキシコ以来プライスとハニーを尾行し続けていた。

旅を続ける中、どうしても人を殺せないハニーを見かねたプライスは、彼女に「人を殺せば前と同じではいられない」とさとし、復讐をあきらめるようすすめるが、ハニーはそれをはねつけ、プライスに別れを告げる。プライスは「君は嘘をつくのが下手だ」と告げ、彼女を置いて宿を去ろうとする。そこへ、クレメンス3兄弟が現れる。

ハニーに人を殺させたくないプライスは、3兄弟のひとりで彼女を暴行した張本人であるフランクを捕らえようとするが、弟の窮地に気づいた長兄のエメットがプライスの腹にナイフを投げつける。兄弟は逃げ、プライスは駆けつけたハニーに「戦いは必ずやり遂げろ」と告げて絶命する。ハニーは兄弟の行き先を探り、酒場の2階で娼婦といるフランクを発見。フランクにガンベルトをつけさせた上で決闘を挑み、左腕を撃たれたものの、なんとかフランクに勝利する。賞金を得たハニーは、プライスの流儀にならって、その賞金を全額使ってフランクの埋葬を行う。フランク埋葬の知らせを聞いて無人の墓地にやって来たエメットとルーファスは、自分たちの分の墓穴がすでに掘られているのを見てハニーによる復讐の意志をさとり、彼女の殺害を決意する。

ハニーは町でルーファスから襲撃を受けるが、早撃ちで返り討ちにし、保安官に「刑務所跡で待っている」とエメットへの伝言を託す。廃墟となった刑務所跡に、エメットはひとりでやって来る。当初は遮蔽物を利用して戦いを有利に進めたハニーだが、エメットに背中をとられ、ナイフで殺されそうになる。しかしそこに「説教師」が現れ、エメットの手からナイフを撃ち落としたことで窮地を脱する。「説教師」はメキシコで見かけたハニーを助けるために、彼女の様子をずっと見届けていたのだった。ハニーは改めて正面からエメットと対決し、彼を倒す。ハニーはエメットの死体を馬に積み、「説教師」とともに町へ戻るために荒野を急ぐ。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ
ハニー・コールダ― ラクエル・ウェルチ 小原乃梨子
トーマス・ルーサー・プライス ロバート・カルプ 小林清志
エメット・クレメンス アーネスト・ボーグナイン 富田耕生
ベイリー クリストファー・リー 北川国彦
フランク・クレメンス ジャック・イーラム 雨森雅司
ルーファス・クレメンス ストローザー・マーチン 田中康郎
マダム(娼婦の元締め) ダイアナ・ドース 渡辺典子
リー保安官 ルイス・バルブー
(ノンクレジット)
説教師 スティーヴン・ボイド
(ノンクレジット)
隊長 アルド・サンブレル
(ノンクレジット)
水鳥鉄夫
ギタリスト パコ・デ・ルシア
(ノンクレジット)
演出 春日正伸
翻訳 宇津木道子
効果 赤塚不二夫
調整 山田太平
制作 日米通信社
解説
初回放送 1976年2月7日
土曜映画劇場

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ Gerald Peary, Quentin Tarantino: Interviews, Revised and Updated Univ. Press of Mississippi, October 17, 2013 p 119

外部リンク編集

9784800304919