好童(こうどう、ホドン、朝鮮語: 호동)は、第三代高句麗王大武神王の子である[1]

好童
各種表記
ハングル 호동
漢字 好童
発音 ホドン
日本語読み: こうどう
2000年式
MR式

テンプレートを表示

概要編集

好童が沃沮まで狩りに出かけた時に、「崔氏」という中国姓を持っている楽浪国国王(中国日本の学界では楽浪国王とは楽浪郡太守のことと解される[2])の崔理と出会い、崔理から娘の楽浪公主を娶るように申しだされた[3]。大武神王は楽浪国を攻撃することを計画していたが、楽浪国にある敵兵が来ると自然に鳴り出して危機を知らせる太鼓角笛の存在に困り、好童に対して楽浪公主に太鼓と角笛を破壊させるよう命じ、好童は使いを送り、楽浪公主に太鼓と角笛を破壊するよう指示した[4]

楽浪公主は、好童のために武器庫に潜入して太鼓と角笛を刀で破壊したが、その後高句麗は楽浪国を攻撃した[5]。崔理は、太鼓と角笛が破壊され高句麗の侵攻を知り得なかったために軍備が整えられず、楽浪国への侵攻によってはじめて太鼓と角笛の破壊を知り、なすすべなく降伏した。その際に崔理は太鼓と角笛を破壊した楽浪公主を殺した[6]

好童は大武神王の継母である解氏の子であったため、大武神王の皇后である元妃は嫡子である我が子をさしおき、好童が太子となることを恐れ、好童が謀反を起こそうとしていると大武神王に讒言した[7]。好童は、元妃の讒言に釈明したなら元妃の悪行がさらされ大武神王を心配させるため、讒言に釈明せずに自殺した[8]

家族編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 河村啓介『韓国時代劇秘話 王朝を揺るがす男と女の物語』学研パブリッシング、2012年4月28日、22頁。ISBN 978-4054053212
  2. ^ Mason, David A. (2016). Solitary Sage: The Profound Life, Wisdom and Legacy of Korea's "Go-un" Choi Chi-won. lulu.com. ISBN 978-1329565937 
  3. ^ 森田豊 1998, p. 87
  4. ^ 森田豊 1998, p. 88
  5. ^ 森田豊 1998, p. 88
  6. ^ 森田豊 1998, p. 88
  7. ^ 河村啓介『韓国時代劇秘話 王朝を揺るがす男と女の物語』学研パブリッシング、2012年4月28日、24頁。ISBN 978-4054053212
  8. ^ 森田豊 1998, p. 88

参考文献編集