メインメニューを開く

太鼓(たいこ)は、薄い膜を中空の枠(胴)に張り、それを自らのまたは枹(ばち)でたたいて音を出す打楽器の一種である。楽器分類学においては膜鳴楽器に含まれる。

太鼓は非常に古くから存在する楽器のひとつで、世界各地に広く分布し、地域によって特色ある太鼓が存在している。腹鼓という言葉に象徴されるように、人間の腹部を打って楽器とすることは世界中に広く見られ、やがてそれが太鼓に発展したと考えられている[1]。古代メソポタミア文明においてはすでに、大太鼓[2]やティンパニ型の鍋型太鼓[3]が存在していた。

太鼓は世界に広く分布するが、基本構造として円形の開口部を持った堅い胴に薄い膜を張り、これを振動させて音を出すことが多い。ただし木鼓のように膜を持たず、中空の胴をそのまま叩いて楽器とするものも存在する。太鼓は胴と膜の枚数によって、うちわ太鼓のように円形の枠に1枚の膜を張るもの、筒状の胴の片側に膜を張るもの(片面太鼓)、筒状の胴の両側に膜を張るもの(両面太鼓)、ティンパニのように状の胴に膜を張るものに分類される。太鼓に張る膜は動物の皮などで作られていたが、技術の進歩により合成樹脂なども使用されるようになった[4]。太鼓の胴は主にまたは金属からなる。太鼓をたたく桴は1本のみ使用するものと2本使用するものがあり、またなどのように手でたたく太鼓も民族楽器を中心に多く存在している。

太鼓はその大きな音から、しばしば祭器として神事に使用されることがあった[5]。太鼓は音が大きくよく通ることから、日本では時刻を告げるためにも使用された。楽器として使用されるほか、かつて西アフリカにおいては太鼓によって遠距離通信を行う、いわゆるトーキングドラムという使用法が広く行われていた[6]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p55 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷
  2. ^ 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p149 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行 ISBN 978-4788714175
  3. ^ 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p142 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行 ISBN 978-4788714175
  4. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  5. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p189 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  6. ^ 「楽器概論」p15 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行