メインメニューを開く

妖精ファイター』(原題:Tooth Fairy)は、2010年アメリカファンタジーコメディ映画。第3回したまちコメディ映画祭in台東特別招待作品。日本では劇場未公開作品であるが、2010年10月8日にレンタルDVDがリリースされ、2010年12月23日にセルDVDが発売された。DVD用の映画続編があるが日本未発売。また、20世紀フォックスが長らく使ってきた旧CGロゴが使われた最後の作品となった。

妖精ファイター
Tooth Fairy
監督 マイケル・レンベック
脚本 ローウェル・ガンツ
ババルー・マンデル
ジョシュア・スターニン
ジェフリー・ヴェンティミラ
ランディ・メイエム・シンガー
製作 ジェイソン・ブラム
マーク・シアーディ
ゴードン・グレイ
製作総指揮 ジム・ピドック
出演者 ドウェイン・ジョンソン
アシュレー・ジャド
ジュリー・アンドリュース
音楽 ジョージ・S・クリントン
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 デヴィッド・フィンファー
製作会社 ブラムハウス・プロダクションズ
ウォールデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年1月22日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $48,000,000[1]推定
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $60,020,099[1]
世界の旗 $112,462,508[1]
次作 妖精ファイター2
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

アイスホッケー選手であるデレクは、相手チームの歯を飛ばすほどの乱暴プレイで「トゥース・フェアリー(歯の妖精)」と言う異名が付いていた。そんな彼がある日、突然背中に羽が生え、一週間本物の歯の妖精として働くよう命じられる。

キャスト編集

評価編集

批評家には概ね否定的な評価を受けた。Rotten Tomatoesでは111個のレビューで16%の支持率であり、平均点は10点満点で4点となった[2]。また、Metacriticでは24個のレビューで100点中36点であった[3]

脚注編集

  1. ^ a b c Tooth Fairy”. Box Office Mojo. 2011年11月27日閲覧。
  2. ^ The Tooth Fairy Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2012年1月31日閲覧。
  3. ^ Tooth Fairy Reviews, Ratings, Credits”. CNET Networks. Metacritic. 2012年1月31日閲覧。

外部リンク編集