孝定王后

李氏朝鮮の第24代国王憲宗の継室

孝定王后 洪氏(こうていおうこう こうし、ヒョジョンワンフ ホンシ、: 효정왕후 홍씨1831年3月6日(陰暦1月22日) - 1904年1月2日(陰暦1903年11月15日))は、李氏朝鮮の第24代国王憲宗継室本貫南陽洪氏諡号明憲淑敬睿仁正穆弘聖章純貞徽荘昭端禧粋顕懿献康綏裕寧慈温恭安孝定王后大韓帝国により孝定成皇后と追尊された。

孝定王后
효정왕후
朝鮮王妃
別称号 明憲淑敬睿仁正穆弘聖章純貞徽荘昭端禧粋顕懿献康綏裕寧慈温恭安孝定成皇后(諡号)

出生 1831年3月6日(陰暦1月22日)
Flag of the king of Joseon.svg 李氏朝鮮全羅道
死去 1904年1月2日(陰暦1903年11月15日)
Flag of Korea (1899).svg 大韓帝国漢城府
配偶者 憲宗
子女 なし
氏族 南陽洪氏
父親 洪在龍
テンプレートを表示
憲宗と孝定王后の結婚式

生涯編集

1831年に益豊府院君洪在龍と延昌府夫人竹山安氏のあいだの娘に生まれた。

1844年孝顕王后が没すると、憲宗と婚礼を挙げ、王妃に冊封される。5年後の1849年に夫が崩御し、19歳で大妃となる。1857年純元王后が没すると、王大妃に昇格[1]。夫とのあいだに子がいなかったため、女官の育成に当たった。

大韓帝国に名称変更後は王大妃から再度、皇太后に改封された。慶運宮寿仁堂にて崩御。享年73歳。御陵は景陵朝鮮語版

家族編集

  • 父: 益豊府院君 洪在龍朝鮮語版(ホン・ジェリョン、1794年-1863年)
  • 母: 延昌府夫人 竹山安氏(生年不詳-1883年)
    • 弟: 洪鍾奭(ホン・ジョンソク、1834年-1870年)- 礼曹伴書を歴任。
    • 弟: 洪鍾譱(ホン・ジョンソン、生没年不詳)
  • 夫: 憲宗
  • 子: なし

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

先代
孝顕王后
朝鮮王妃
在位:1844年 - 1849年
次代
哲仁王后
先代
純元王后
朝鮮大妃
在位:1849年 - 1897年
次代
哲仁王后
先代
大韓帝国王太后
在位:1897年 - 1904年
次代
純貞孝皇后