以下は、文部科学省によって2020年(令和2年)4月1日から施行される予定の小学校学習指導要領の「学年別漢字配当表」(がくねんべつかんじはいとうひょう)記載の漢字一覧である。2017年(平成29年)に告示された新小学校学習指導要領で改定され、全1026字となった[1]。これらの漢字は、教育漢字という通称でも知られる。

なお、義務教育で習う常用漢字2136字のうち、これら1026字を除いた残りの1110字を中学校で習うことになるが、中学校の何学年でどの字を習うかについては定めがなく、教科書によって異なる。また高等学校教育において、常用漢字以上の漢字は使用せず、中学までに学んだ漢字に対して読みが付加されたものとなる。

第1学年(80字)編集

第2学年(160字)編集

西

第3学年(200字)編集

使 宿 調

第4学年(202字)編集

鹿 便

第5学年(193字)編集

貿 綿

第6学年(191字)編集

沿 姿 退

脚注編集

  1. ^ [1]小学校学習指導要領, p.28 - 29.平成29年3月, 文部科学省.

関連項目編集

外部リンク編集