教育漢字(きょういくかんじ)は、義務教育で習う常用漢字2136字のうち、小学校6年間のうちに学習することが文部科学省によって定められた1026字の漢字の通称である。

概要編集

小学校学習指導要領の付録にある学年別漢字配当表によって、小学校の学年別に学習する漢字が定められている。学年別漢字配当表にある漢字は、読みについては当該学年で、書きについては次の学年までに学ぶことになっている。

比較的使用頻度が高いとされる字が収められているが、現在の日常ではあまり用いられない「汽、俵、穀、蚕、絹、鉱」[要出典]のような漢字も含まれている一方、逆に広く用いられている「俺、込、誰、超、彼、僕」などは含まれていない。

一般には「教育漢字」と呼ばれることが多いが、日本漢字能力検定協会では一貫して「学習漢字」と呼んでいる。また、文部科学省ではいずれの呼称も用いていない。

歴史編集

教育漢字は1948年に公布された「当用漢字別表」が起源である。

当用漢字別表は、前の年に定めた当用漢字から使用できる漢字を順次減らしてゆき、最終的には当用漢字別表で定めた881字にまで減らすためのめやすとして作られた[要出典]表である。

ところが、特に自分の子供に用いたい漢字が使えないことに不満を持つ国民などによる反感の高まりや、それを受けて1951年に内閣告示第1号(人名用漢字)が告示されたあたりからその流れが変わる。

また、当用漢字別表は「小学校に通っている間に習う漢字」としか定めていなかったため、たとえば年度変わりに転校して使用する教科書の会社が変わると、小学校を卒業しても習わない漢字が出てきてしまうおそれがある。この問題を解消するため、1958年(昭和33年)10月の文部省告示第80号で初めて「学年別漢字配当表」が示された。

その後、1968年(昭和43年)(実施は1971年度(昭和46年度))に備考漢字(備考欄)を新たに設け、115字が追加された。これは正式な教育漢字としては扱われなかった。これが1977年(昭和52年)の改定(実施は1980年度(昭和55年度))で正式に教育漢字に昇格し、同時にそれまでの配当漢字の対象学年の変更も大幅に行われ合計996字となった。

1989年(平成元年)(実施は1992年度(平成4年度))に再度以下のように改定され、1006字となった。

豆、皿、梅、松、桜、枝、札、箱、笛、束、昔、巣、夢、飼、並、暮、誕、激、装、盛(追加。計20字)

壱、弐、歓、勧、兼、釈、需、称、是、俗(削除。計10字)

ほかに60字の配当学年の異動があった。

2017年(平成29年)(実施は2020年度(令和2年度))に都道府県名として使われている以下20字が編入され、1026字となった。[1]

茨、媛、岡、潟、岐、熊、香、佐、埼、崎、滋、鹿、縄、井、沖、栃、奈、梨、阪、阜

交ぜ書き編集

それまで熟語として用いられてきた語の中には、熟語を構成する漢字に「教育漢字に含まれる漢字」と「含まれない漢字」が混在するものが多数存在する。これらの熟語では、含まれている部分だけを漢字で書き、残りを平仮名で書く、いわゆる交ぜ書きが行われることになる(例:かん境(←環境)、特ちょう(←特徴)、にん者(←忍者))。特に中学入試では小学校では習わない漢字まで用いなければならない問題(日本史政治家の人名、地名、時事問題など)も数多く出題されることと、漫画など一般の書籍では漢字の使用がほとんど制限されていないため、これらを解消すべく学年別漢字配当表を廃止すべきだとの意見[誰?]も少なくない。

脚注編集

  1. ^ “小学校の必修漢字に都道府県名20字追加 20年度にも”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月18日). オリジナルの2016年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160518004607/http://www.asahi.com/articles/ASJ5K4VGYJ5KUTIL02Q.html 2016年6月18日閲覧。 

関連項目編集