孫 巌(そん がん、1339年 - 1418年)は、初の軍人本貫濠州鍾離県

生涯編集

1339年12月11日至正5年11月11日)、孫重四と周氏のあいだの子として生まれた。朱元璋に従って長江を渡り、采石を落とし、集慶を平定した。両浙・江西広東を転戦し、徐達の北伐に参加して中原を制圧した。金吾左衛百戸に抜擢され、鳳陽を守備した。武徳将軍の号を受け、燕山中護衛正千戸となった。燕王朱棣に仕え、燕国の事務の多くを委任された。1395年洪武28年)、致仕した。1399年建文元年)、靖難の変が起こると、通州の守将の房勝が城ごと燕王朱棣に降伏した。朱棣は孫巌を再び起用し、房勝とともに通州を守らせた。建文帝側の軍が通州を攻撃すると、激しい攻城戦のために城の楼閣や城壁は全て破損したが、孫巌と房勝は防戦につとめ、撃退に成功した。ほどなく両軍が合戦となると、孫巌は兵の先頭に立って敵陣に突入した。張家湾まで追撃し、糧食を輸送する舟300隻を鹵獲した。明威将軍・指揮僉事となり、そのまま通州を守備した。1401年(建文3年)、再び建文帝側の軍が通州に進攻してくると、孫巌は城壁の上で味方を励ましながら奮戦し、矢石を落として撃退した。都指揮僉事に進んだ。1402年(建文4年)、平安が通州を攻撃すると、孫巌は城から出撃してこれを破った。永楽帝(朱棣)が即位すると、孫巌は守城の功を論じられて、応城伯に封じられ、1000石の禄を賜った。1413年永楽11年)、開平を守備した。ほどなく通州に移駐した。私怨から千戸を殺し、爵位を剥奪され、交趾に流された。まもなく復帰した。1418年7月27日(永楽16年6月20日)、死去した。翼城侯に追封された。は威武といった。

子女編集

  • 孫亨(後嗣)
  • 孫忠
  • 孫旺
  • 孫喜
  • 孫泰
  • 孫栄

脚注編集

参考文献編集

  • 明史』巻146 列伝第34
  • 故応城伯追封翼城侯孫公巌神道碑銘