メインメニューを開く

宇宙兄弟 (お笑いコンビ)

宇宙兄弟(コスモきょうだい)は、SMA NEET Project所属の女性お笑いコンビ

宇宙兄弟
メンバー くまみき
舞子はん
別名 ザ・コスモ
(2004年5月 - 2005年7月6日)
結成年 2000年
解散年 2003年 - 2004年5月、
2008年2月 - 2008年8月の間は解散
(いずれもその後再結成)
事務所 SMA NEET Project
活動時期 2001年 -
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

メンバー編集

来歴編集

  • 2000年に、共通の友人の紹介によって二人が知り合い[1]、コンビを結成する。
  • 2001年5月に初舞台、同年6月、浅井企画のライブ『お笑いネオネオダイナマイトショー』に出演。同年、TBSテレビの番組『ワンダフル』の『流行ものテンダフル』において第7位に選ばれ、これをきっかけに浅井企画入りする。『お笑いネオネオダイナマイトショー』には引き続きレギュラーで出演。
  • 2003年に宇宙兄弟は一度解散。
  • 2004年5月、同じくまみき、舞子はんの2人で再結成、コンビ名を『ザ・コスモ』とする。この時は所属事務所無しのフリーで活動。
  • 2005年4月、SMA NEET Project所属となる。同年7月7日、コンビ名を元の『宇宙兄弟』に戻す。
  • 2008年2月、宇宙兄弟は再び解散。舞子はん、くまみき共に、ピン芸人に転向した。なおこの時は所属事務所は二人とも、そのままSMA NEET Projectとなっていた。
  • 2008年8月7日、くまみきのブログにおいて、宇宙兄弟をメンバーはそのままで再々結成することが発表された[2]。なお、この2日後に出場したキングオブコントでは、この2人で『ジーニアス』という名前で出場した。

芸風編集

コントが多く、舞子はんのハイテンション振りや出落ちのキャラクター、顔芸などを生かしたものを演じる一方で、漫才も演じたこともあった。

舞子はんはの関節を外して演じる『肩芸』があり、ここから、頭の上から自分の手で顔を持ち上げるもの、自分で自分に痴漢をするものなどのネタがある。肩を外したままの手をたたいて「ゴー、ゴゴゴゴー!」などと言うブリッジがある。『あらびき団』出演時など、ビキニ姿でこれを披露していたことがあった。なお、宇宙兄弟復活後も肩芸は継続して行っている。

くまみきは、ピンで活動していた当時は『名古屋の女子にウケるショートコント』というネタを披露していたことがあり、この時は中日ドラゴンズのユニフォームを着て、ブリッジに『燃えよドラゴンズ!』のサビの部分を入れていた。

「ほーげほげほげ」というセリフや、『天才バカボン』のアニメ第1作主題歌またはその替え歌をブリッジに入れることがある。

出演編集

脚注編集

  1. ^ 参考:『週刊大衆』(双葉社)2005年12月5日号『ビジュアル系美人芸人30組』
  2. ^ くまみきの吐き溜めぶちまけ小屋!! 2008年8月7日より

外部リンク編集