メインメニューを開く

安岡 卓治(やすおか たかはる、1954年 - )は、日本映画プロデューサー日本映画大学教授。

やすおか たかはる
安岡 卓治
生年月日 1954年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画
テンプレートを表示

経歴編集

1954年、東京都に生まれる[1]神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校早稲田大学第二文学部を卒業[1]原一男監督の『ゆきゆきて、神軍』に助監督として参加した。その後、『追悼のざわめき』など数々のインディーズ映画をプロデュースする。森達也監督の『A』と『A2』では製作・撮影・編集を務めた。

フィルモグラフィー編集

映画編集

  • ゆきゆきて、神軍(1987年) - 助監督
  • 追悼のざわめき(1988年) - 製作
  • 部屋 THE ROOM(1993年) - 製作
  • 由美香(1997年) - 製作
  • 流れ者図鑑(1998年) - 製作
  • A(1998年) - 製作・撮影・編集
  • 白 -THE WHITE-(1999年) - 製作
  • A2(2001年) - 製作・撮影・編集
  • home(2002年) - 製作
  • Little Birds -イラク 戦火の家族たち-(2005年) - 製作
  • ガーダ -パレスチナの詩-(2005年) - 製作
  • パレスチナ1948・NAKBA(2008年) - 製作
  • 花と兵隊(2009年) - 製作
  • ただいま それぞれの居場所(2010年) - 製作
  • 311(2011年) - 監督
  • 遺言 原発さえなければ(2014年) - 編集
  • 赤浜ロックンロール(2015年) - 製作

脚注編集

  1. ^ a b 311を撮る”. 岩波書店. 2015年8月7日閲覧。

関連項目編集

  • 佐藤重臣 - 「黙壺子フィルム・アーカイブ」主宰。安岡は映写スタッフとして参加。
  • 日本映画大学 - 教授としてドキュメンタリーコースを担当している。

外部リンク編集