安沢 明也(あんざわ あきや、1981年1月9日 - )は、日本の元プロレスラーパーソナルトレーナー新潟県刈羽郡刈羽村出身。最終所属は新日本プロレス

安沢 明也
プロフィール
身長 175cm
体重 88kg
誕生日 (1981-01-09) 1981年1月9日(43歳)
出身地 日本の旗 日本
新潟県刈羽郡刈羽村
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 柔道
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2003年9月21日
テンプレートを表示

同じくプロレスラーであった安沢たくは実弟。

略歴

編集

高校時代は柔道を行っていた。

高校卒業後アニマル浜口ジムでレスラーになるための基礎トレーニングを積み、2002年11月に新日本プロレスに入団した。

2003年9月21日、対田口隆祐戦でプロレスデビュー。2004年の第9回ヤングライオン杯2005年の第10回ヤングライオン杯に出場した。

2005年9月25日、地元・新潟県で竹村豪氏とタッグを組み、&後藤洋央紀の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦するも逆十字固めで敗れ、王座獲得はならなかった[1]

2006年1月、25歳で引退[2]週刊ゴングによる安沢へのインタビューによれば、怪我が原因の引退ではなく2005年9月のIWGPジュニアタッグ王座戦後に引退を考えたと述べている。

2007年、パーソナルトレーナーとして活動中[3]

脚注

編集
  1. ^ 9月25日(日)新潟市体育館 第7試合 新日本プロレス公式サイト
  2. ^ 契約更改に関するお知らせ Archived 2006年2月3日, at the Wayback Machine. 新日本プロレス公式サイト 2006年1月31日
  3. ^ 安沢明也プロフィール”. 女性の為のパーソナルトレーニング・ボディメイク(東京中央区・豊洲・勝どき等). 安沢明也 (2018年6月22日). 2018年10月13日閲覧。

外部リンク

編集