メインメニューを開く

略歴編集

神奈川県生まれ。1987年栄光学園高等学校卒。1991年東京大学文学部国語学科卒業、東芝に勤めるが、1992年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程入学、1994年修了、1996年同博士課程修了、「近代「国語」の歩み -帝国日本の言語政策」で博士(学術)。1996年6月京都大学人文科学研究所助手、2001年一橋大学大学院言語社会研究科助教授、2007年准教授。

著書編集

単著編集

  • 『植民地のなかの「国語学」 時枝誠記京城帝国大学をめぐって』三元社、1997年
  • 『帝国日本の言語編制』世織書房、1997年
  • 『「言語」の構築 小倉進平と植民地朝鮮』三元社、1999年
  • 『〈国語〉と〈方言〉のあいだ 言語構築の政治学』人文書院、1999年
  • 『近代日本言語史再考 帝国化する「日本語」と「言語問題」』三元社、2000年
  • 『国文学の時空 久松潜一と日本文化論』三元社、2002年
  • 『脱「日本語」への視座 近代日本言語史再考II』三元社、2003年
  • 日本語学は科学か 佐久間鼎とその時代』三元社、2004年
  • 『辞書の政治学 ことばの規範とはなにか』平凡社、2006年
  • 『「国語」の近代史 帝国日本と国語学者たち』中公新書、2006年
  • 国語審議会 迷走の60年』講談社現代新書、2007年
  • 金田一京助と日本語の近代』平凡社新書、2008年
  • 『かれらの日本語 台湾「残留」日本語論』人文書院 2011
  • 『日本語学のまなざし』三元社 シリーズ「知のまなざし」2012
  • 『漢字廃止の思想史』平凡社 2016
  • 『ことばのとらえ方をめぐって 近代日本言語史再考Ⅴ』三元社 2018
  • 大槻文彦言海』 辞書と日本の近代 世界を読み解く一冊の本』慶應義塾大学出版会 2018

共著・編著編集

  • 『統合原理としての国語 近代日本言語史再考III』編著 三元社、2006年
  • 田中克彦が語る 言語学の戦後』土屋礼子と聞き手 三元社 2008
  • 『「多言語社会」という幻想―近代日本言語史再考IV』編著 三元社、2011年

翻訳編集

  • 金賢娥『戦争の記憶記憶の戦争 韓国人のベトナム戦争』三元社 2009

資料編集

  • 平井昌夫『国語国字問題の歴史』(解題、三元社、1998年)
  • 遠藤織枝・木村拓・桜井隆・鈴木智映子・早川治子と『戦時中の話しことば ラジオドラマ台本から』(ひつじ書房、2004年)
  • 上田萬年『国語のため』(平凡社東洋文庫、校注・解説、2011年)

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.349

関連項目編集

外部リンク編集