完顔 宗秀(かんがん そうしゅう)は、皇族は実甫。女真名は廝里忽

完顔宗秀
王朝
家名 完顔氏
全名 廝里忽
実甫
官職 昭義軍節度使
生年 収国2年(1116年
没年 正隆2年(1157年
父親 完顔勗

生涯編集

完顔勗中国語版の子として生まれた。盈歌の孫。契丹文字に通じ、経書史書を渉猟し、騎射を得意とした。宗磐宗雋の乱の鎮圧に参加して、定遠大将軍の号を受け、宗磐の世襲猛安の地位を与えられた。

天会3年(1125年)、宗弼の都の開封を攻めて降伏させ、欽宗と太上皇の徽宗を捕らえると、宗秀は完顔亮とともに軍前に使者として赴いた。岳飛の率いる軍が亳州宿州の間にあったが、宗秀は3,000の兵を率いてその要衝を扼し、諸軍と共に宋軍を迎撃して破った。凱旋すると、太原尹となった。婆速路中国語版統軍使に任じられたが、受けなかった。高麗が使者を派遣して現地の物産を献上してくると、宗秀はこれを退けた。入朝して刑部尚書中国語版となり、御史中丞に転じ、翰林学士に任じられた。天徳初年に承旨に転じ、宿国公に封じられた。平陽尹・昭義軍節度使中国語版を歴任し、広平郡王に封じられた。正隆2年(1157年)、在官のまま42歳で死去した。金紫光禄大夫の位を追贈された。

伝記資料編集