メインメニューを開く

宍戸 元秀(ししど もとひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏の家臣。安芸国宍戸氏一族。

 
宍戸元秀
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文16年(1547年
死没 慶長2年6月11日1597年7月25日
別名 弥三郎、元孝
戒名 安養院殿祖雲玄翁
官位 従五位下左衛門尉、雅楽頭
主君 毛利隆元輝元
氏族 宍戸氏
父母 父:宍戸隆家、母:五龍局
兄弟 元秀、女(河野通宣室)、
女(吉川元長室)、南の方(毛利輝元正室)
内藤興盛の娘
元続内藤元盛元真粟屋孝春
景好元可、女(三沢為虎室)、
古満姫(小早川秀秋室、のち興正寺准尊室)、河野通軌

生涯編集

父は宍戸隆家。子に宍戸元続内藤元盛(佐野道可)、宍戸景好、古満姫(毛利輝元養女、小早川秀秋興正寺准尊正室)ら。毛利元就外孫にあたる。

安芸国五龍城主。官位は従五位下左衛門尉。別名元孝、他に弥三郎、雅楽頭とも呼ばれた。

天文16年(1547年)、宍戸隆家の嫡男として生まれる。天正20年(1592年)に父の隆家が死去するが、病弱などを理由に既に廃嫡されていたため、子の宍戸元続が宍戸氏の当主となる。

慶長2年(1597年)に51歳で死去。

関連項目編集