宗 義蕃(そう よししげ / - よしあり)は、対馬府中藩の第9代藩主。通称、主水(もんど)。

 
宗 義蕃
Sō Yoshiari01.jpg
宗義蕃像(養玉院蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年7月25日1717年8月31日
死没 安永4年8月12日1775年9月6日
改名 氏江浅之允(幼名)→ 如苗(初名)→宗義蕃
別名 主水(通称)
戒名 大順院殿法如超禅大居士
墓所 長崎県対馬市国分の万松院
官位 従四位下、侍従対馬
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
対馬府中藩
氏族 宗氏氏江氏宗氏
父母 父:宗義誠(氏江方誠)、母:樋口真峯の娘・竹(仙寿院)
養父:宗義如
兄弟 義如義蕃
正室古川誠恒の娘・修性院
側室西山格左衛門の娘・織部
氏江蕃寿(長男)、田島暢茂(2男)、蕃建(3男)、三浦伊織(4男)、平田尚則(5男)、内野隆年(6男)、高瀬常久(7男)、苗建斎(8男)、娘(大炊御門家孝室)
養子:義暢
テンプレートを表示

生涯編集

享保2年(1717年)7月25日、第6代藩主・宗義誠(旧名:氏江方誠)の次男として生まれる。。享保15年(1730年)に父が死去した後はその弟である方熈が第7代藩主となっていた。翌享保16年(1731年)5月に、長兄の義如がその方熈の養嗣子(跡取り)となったため、その弟である浅之允が氏江家の後継者となる。更に翌年の享保17年(1732年)に義如が第8代藩主となり、その後浅之允も元服時に義如から偏諱を賜って氏江如苗(ゆきなり)と称した。元文4年(1739年)7月、義如により家老に任じられる。宝暦2年(1752年)、義如が死去したため、その養子として家督を継ぎ、第9代藩主となる。4月に従四位下、侍従・対馬守に叙位・任官され、5月に正式に姓に復して名も義蕃と改めた。

宝暦12年(1762年)閏4月28日に家督を義如の嫡男で養子の義暢に譲って隠居したが、なおも藩の主導権を安永3年(1774年)5月まで握り続けた。安永4年(1775年)8月12日に死去した。享年59。

偏諱を与えた人物編集

義蕃時代(※前述した通り、「蕃」については「しげ」、「あり」の2通りの読みが考えられる。)

  • 氏江寿(長男、氏江氏としての嫡男)
  • (3男)- 8男・苗建斎(たつとき)に「建」の字を下賜。
  • 高瀬(従兄弟、叔父で第7代藩主の宗方熈の次男。7男・常久の養父でもあると思われる)