メインメニューを開く

宮城野 馬五郎(みやぎの うまごろう、1826年文政9年) - 1889年明治22年)8月17日[1])は、宮城野部屋に所属した元力士。4代宮城野

目次

略歴編集

本名は宮城野馬五郎(旧姓近藤)。伊勢国三重郡(現在の三重県四日市市)出身、身長体重不明。最高位は東小結

1844年1月に宮城野部屋に入門し、一時は八戸藩抱えになるほどに期待をされた。しかしなかなか番付が上がらず、入幕を果たしたのは1858年11月で既に数え33歳であった。師匠の元の四股名の荒馬大五郎を名乗り幕内を務めたが、引き分け・預かりが多く番付は小康状態であった。1866年に二枚鑑札となり、その後1868年7月に数え43歳で小結に昇進している。1869年4月限りに力士を引退。親方稼業に専念した。[2]

成績編集

  • 幕内22場所42勝56敗75休32分預1無勝負

改名編集

  • 大蛇潟大五郎→荒馬大五郎→宮城野馬五郎

備考編集

  • 十両時代に大蛇潟大五郎を名乗ったが、のちの7代錦島の現役時代の四股名も「大蛇潟大五郎」である。これは錦島が当初は宮城野部屋所属で宮城野馬五郎の弟子であることから。
  • 二枚鑑札となる前は、師匠の2代宮城野の現役時代の四股名、荒馬大五郎を名乗ったが、親方となったのちに娘と境川部屋四海波静太夫が婚姻したことにより、四海波に「荒馬大五郎」を名乗らせている(のちに離縁し、四海波は荒馬大五郎を返上)。
  • 二枚鑑札、親方としての名乗りは宮城野馬五郎であるが、師匠の2代宮城野も現役時代に二枚鑑札となり、その名乗りが「宮城野馬五郎」であった。また5代宮城野の大関鳳凰馬五郎も二枚鑑札となり、名乗りを「宮城野馬五郎」に改めている。元の諱が馬五郎であるのは、4代のみである。

出典編集