宮城野部屋

日本の相撲部屋

宮城野部屋(みやぎのべや)は、日本相撲協会所属で伊勢ヶ濱一門相撲部屋

宮城野部屋

歴史編集

高嶋部屋の横綱・吉葉山が、1958年(昭和33年)1月場所限りで引退して一代年寄・吉葉山を襲名すると同時に吉葉山道場を創設(同時に福ノ里も吉葉山道場へ移籍)。1960年(昭和35年)に名跡変更を行い8代宮城野を襲名、部屋名が宮城野部屋に改称された。8代は関脇明武谷陸奥嵐、小結・廣川など数多くの関取を育て上げた[1]

1977年(昭和52年)11月に8代が逝去したため、同年12月に部屋付きの10代東関(元小結・廣川)が9代宮城野を襲名、部屋を継承した。1980年(昭和55年)9月には東京都墨田区横網から同区へ移転した。9代は先代の弟子から引き継いだ幕内・竹葉山港龍などの関取を育て上げた[1]

1989年(平成元年)6月に9代が急逝し、部屋付き親方である10代中川(元幕内・竹葉山)が10代宮城野を襲名、部屋を継承した。10代は先代の弟子から引き継いだ幕内・光法十両若隼人を、自身の直弟子からはモンゴル出身の白鵬を関取として育て上げた。

2004年(平成16年)8月26日に北の湖部屋出羽海一門)の金親が、9代宮城野未亡人と養子縁組を行った後にその次女と結婚し、同時に現役を引退して、11代宮城野を襲名して部屋を継承[2]、それまで師匠を務めていた10代は15代熊ヶ谷を襲名して再び部屋付き親方となった。11代が師匠に就任していた時期に、白鵬が横綱へと昇進した他、先代の弟子から引き継いだモンゴル出身の龍皇が関取へ昇進した。

2007年(平成19年)5月に「11代宮城野が知人の女性に対して『(白鵬が初の綱獲りに挑戦した)2006年7月場所で横綱・朝青龍ら4人に計900万円を支払って白鵬に勝たせるよう依頼した』と語った」という内容の記事が講談社週刊現代』に掲載され、ウェブサイトでは11代宮城野のものと思われる音声の録音が公開された。日本相撲協会は名誉棄損として『週刊現代』を訴え、その裁判自体は協会側が勝訴したものの、11代宮城野の言動が協会の品位を傷つけたものであるとして、2010年(平成22年)12月24日の理事会において、11代宮城野に対して師匠の交代(15代熊ヶ谷と年寄名跡交換)を勧告した。11代宮城野は勧告を受け入れ、12月27日に15代熊ヶ谷が12代宮城野として再び師匠に就任し、11代宮城野は入れ違いに16代熊ヶ谷を襲名して部屋付き親方となった。2012年(平成24年)9月場所には大喜鵬(のち山口)が新十両へ昇進し、12代が師匠に再就任して以降では初となる関取が誕生した[1]

2015年(平成27年)9月10日、部屋の耐震構造上の問題を理由として墨田区緑から同区八広へと新たに移転した[3][4]

2015年(平成27年)9月2日、16代熊ヶ谷が自身の付き人を務める男性を金属バットで殴打して全治約2週間の怪我を負わせたとする傷害容疑で警視庁に逮捕され[5]、同年10月1日には協会からの解雇処分を受けた[6]

2016年(平成28年)12月13日には、12代と初土俵が同期だった13代高島(元関脇・髙望山)が追手風部屋より[7]転属して部屋付き親方になり[1]、2020年(令和2年)7月13日には、15代中川の懲戒処分により閉鎖された中川部屋から力士1人と世話人白法山[9]が転籍した。

2022年(令和4年)7月28日付で、12代宮城野が同年8月20日限りで停年になるのに伴い、21代間垣(元横綱・白鵬)が12代宮城野と名跡を交換する形で13代宮城野を襲名し、部屋を継承した[10]。また13代高島が伊勢ノ海部屋へ、行司の12代式守勘太夫朝日山部屋へ転籍した。

2022年(令和4年)8月、所属力士数増加により部屋施設が手狭になったため、墨田区八広から同区東駒形の旧東関部屋に仮住まいという形で移転した[11]。こうした経緯から、同施設には元関脇・高見山大五郎(渡辺大五郎。12代東関親方)の自宅もある。

新型コロナウイルス感染による休場編集

2021年1月場所編集

2021年(令和3年)1月5日、日本相撲協会は宮城野部屋所属の横綱白鵬新型コロナウイルスに感染したことを発表した。4日に嗅覚異常があったことから医療機関にて受診[12]PCR検査で5日朝に陽性が判明し、保健所の指示に従って入院[13]。協会への申告では「家族とトレーナー・付け人にしか会っていない」と話したという[14]。相撲協会は5日に師匠の宮城野・宮城野部屋所属力士・部屋関係者らのPCR検査を行ったが[15]、検査結果は白鵬以外の全員が陰性であった[16]。しかし感染者の濃厚接触者に該当する可能性があることから、宮城野部屋の力士全員と12代宮城野・行司1人・床山1人は同年1月場所を休場することになった[17]

5日に入院した白鵬は嗅覚異常等の症状消失に伴い[18]13日に退院した。

2021年9月場所編集

2021年(令和3年)9月1日、所属の北青鵬が風邪の症状を訴え、PCR検査で新型コロナウイルスに感染したことが判明した。部屋所属力士全員の検査を行い、北青鵬以外全員陰性であったが、複数人の力士が体調不良を訴えた。同月5日、協会員全員に対するPCR検査により幕下以下の力士1人の感染が判明し、宮城野部屋は9月場所は全休措置となることが発表された。なお、13代高島・行司1人・呼び出し1人は部屋に出入りしていなかったため、出場した[19]

所在地編集

師匠編集

  • 8代:宮城野潤之輔(みやぎの じゅんのすけ、43代横綱・吉葉山北海道
  • 9代:宮城野泰孝(みやぎの やすたか、小結・廣川神奈川
  • 10代:宮城野泰孝[21](みやぎの やすたか、前13・竹葉山福岡
  • 11代:宮城野正浩[22](みやぎの ただひろ、十2・金親、神奈川)
  • 12代:宮城野誠志(みやぎの せいじ、前13・竹葉山、福岡[23]
  • 13代:宮城野翔(みやぎの しょう、69代横綱・白鵬モンゴル

部屋付き親方編集

  • 間垣誠志(まがき せいじ、前13・竹葉山、福岡)10代・12代宮城野

力士編集

  • 8代継承以降(※は高島部屋に入門)

現役の関取経験力士編集

幕内編集

横綱編集

関脇編集

小結編集

前頭編集

十両編集

旧・宮城野部屋編集

もともとは明治時代に創設された部屋で、大正時代には横綱・を育てた。1916年(大正5年)5月、鳳が二枚鑑札で7代宮城野を襲名。1920年(大正9年)5月場所限りで現役を引退、年寄専任となって宮城野部屋を継承し幕内・古賀ノ浦などを育てたものの、1956年(昭和31年)11月に逝去したために部屋は閉鎖された。この時在籍していた7代の娘婿である幕内・福ノ里高嶋部屋へ移籍した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p41
  2. ^ 一門の枠組みを越えた相撲部屋の継承は昭和中期以降では初めて。後に2013年(平成25年)1月に出羽海一門所属の26代小野川(元幕内・北桜、北の湖部屋出身)が9代式守秀五郎を襲名して時津風一門の式秀部屋を、2016年(平成28年)4月に当時貴乃花一門所属(現:二所ノ関一門所属)の15代常盤山(元小結・隆三杉)が、20代千賀ノ浦を襲名して出羽海一門の千賀ノ浦部屋を継承しているが、この2例はいずれも部屋継承後、継承した親方が所属していた一門に移籍している。一方で宮城野部屋は金親が部屋継承後も当時の立浪・伊勢ヶ濱連合所属のままである。
  3. ^ 白鵬、宮城野部屋移転に「土俵の土持って行く」 日刊スポーツ 2015年8月30日
  4. ^ 白鵬、宮城野部屋移転で新土俵に期待感 デイリースポーツ 2015年9月12日
  5. ^ 元宮城野親方、傷害の疑い 運転手をバットで数十回殴る 朝日新聞デジタル 2015年9月2日
  6. ^ マネジャー男性を暴行の熊ケ谷親方を懲戒解雇 日刊スポーツ 2015年10月1日
  7. ^ 高島は高島部屋の閉鎖後、春日山部屋に転属し部屋付き親方をしていたが、春日山部屋の一時閉鎖処分に伴い追手風部屋に再転属していた
  8. ^ 相撲』2020年11月号、ベースボール・マガジン社、 62頁。
  9. ^ 白法山は初め旧春日山部屋16代春日山時代)に所属していたが、春日山部屋閉鎖に伴い安治川部屋へ転籍し、その後、春日山部屋創設のため春日山部屋20代春日山21代春日山時代)へ、春日山部屋の閉鎖処分に伴い追手風部屋へ、閉鎖された旧春日山部屋の再興として創設された中川部屋へ転籍を経験。13代高島とは、13代高島が高島部屋を閉鎖して春日山部屋へ転籍したときから、春日山部屋閉鎖により追手風部屋へ再転籍し、追手風部屋が伊勢ヶ濱一門から時津風一門へ転籍する際に13代高島が宮城野部屋へ再々転籍するまで一緒だった。2020年(令和2年)11月4日付で停年(定年)退職した[8]
  10. ^ 元横綱白鵬の間垣親方が宮城野部屋を継承 宮城野親方と名跡交換”. 2022年7月28日閲覧。
  11. ^ 元横綱白鵬の宮城野親方が新部屋での稽古を初公開「横綱、大関になった時と同じような緊張感」」『日刊スポーツ』、2022年8月20日。2022年8月20日閲覧。
  12. ^ 協会からのお知らせ”. 日本相撲協会(2021年1月5日). 2021年1月7日閲覧。
  13. ^ 白鵬感染に角界激震、通常開催探る初場所へ警戒強化 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年1月5日). 2021年1月7日閲覧。
  14. ^ 白鵬コロナ感染は終わりの始まり 初場所絶望で現役に暗雲|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL(2021年1月6日). 2021年1月7日閲覧。
  15. ^ 感染白鵬所属、宮城野部屋力士の初場所出場は不透明 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年1月5日). 2021年1月7日閲覧。
  16. ^ 白鵬以外15力士陰性も宮城野部屋全員休場へ 芝田山広報部長「濃厚接触者にあたる可能性がある」” (日本語). スポーツ報知 (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  17. ^ 千代翔馬ら5人感染 関取15人含め力士65人休場 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年1月9日). 2021年1月9日閲覧。
  18. ^ 新型コロナ感染の白鵬が退院…嗅覚も戻り13日までに陰性を確認” (日本語). スポーツ報知 (2021年1月14日). 2021年1月14日閲覧。
  19. ^ 白鵬ら宮城野部屋の全力士、秋場所を休場 北青鵬がコロナ感染” (日本語). 毎日新聞(2021年9月6日). 2021年9月6日閲覧。
  20. ^ 「平成29年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2017年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 6頁。 ※東関部屋時代(2017年4月時点)のデータ
  21. ^ 9代の年寄名を継承。
  22. ^ 一時、宮城野友淳(- ともあつ)を名乗る。
  23. ^ 10代と同一人物。

外部リンク編集

座標: 北緯35度42分56.4秒 東経139度49分30.6秒 / 北緯35.715667度 東経139.825167度 / 35.715667; 139.825167