宮崎梅田学園硬式野球部

宮崎梅田学園硬式野球部(みやざきうめだがくえんこうしきやきゅうぶ)は、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

宮崎梅田学園硬式野球部
チーム名(通称) 宮崎梅田学園
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分

創部 2006年
チーム名の遍歴

  • 梅田学園ベースボールクラブ宮崎 (2006)
  • 宮崎梅田学園自動車学校 (2007 - 2008)
  • 宮崎梅田学園 (2009 - )
本拠地自治体

チームカラー 赤色
監督 大塚健司
都市対抗野球大会
出場回数 2回
最近の出場 2022年
最高成績 1回戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 2回
最近の出場 2022年
最高成績 1回戦敗退
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

本拠地宮崎県宮崎市で、運営母体の梅田学園グループが同県内で運営している自動車教習所の教習指導員(教官)を中心にチームを構成している[1]

概要編集

「大企業のチームから(入部の)声が掛からなかったアマチュア野球の選手を(梅田学園のグループ企業の社員として雇用しながら)長い目で育てたい」「野球を通じて交通安全の意識を多くの人々に浸透させたい」という梅田條尾社長の意向や、同グループがかねてから宮崎県内で野球大会を主催してきた実績[1]を踏まえて、2006年にグループ内のクラブチームとして『梅田学園ベースボールクラブ宮崎』を設立。同年2月23日付で日本野球連盟への新規加盟が承認された[2]。このような経緯から、練習や試合では、交通安全を訴える趣旨の横断幕を必ず掲示[1]。試合用のユニフォームの袖にも、「交通安全」のワッペンが付けられている[3]

初代監督に元プロ野球選手ヤクルトスワローズ外野手)の原英史を招聘したが、1年限りで退任。2006年11月14日付で、チーム名を『宮崎梅田学園自動車学校』に改称した[2]。さらに、2009年1月28日付で『宮崎梅田学園硬式野球部』に改称。日本野球連盟での登録種別も、クラブチームから会社登録の企業チームに変更した[4]2014年からは、宮崎県の出身で、外野手として福岡ダイエーホークスなどに所属していた本村信吾をコーチに迎えている。

野球部専用のグラウンドはなく[1]、自動車教習所の教官が選手の大半を占めることから、教習所の繁忙期に当たる3月および7 - 8月は選手としての活動より教官としての勤務を優先させている[5]。それでも2015年には、上記の条件で在籍していた信楽晃史投手が、所属選手としては初めて NPBドラフト会議で指名(詳細後述[6]2018年には、日本選手権の九州地区予選を勝ち抜いた末に、チームとしては初めての本戦出場へ漕ぎ着けた。

さらに、2019年には、7月開催の都市対抗野球大会へ九州第3代表として初出場を果たした[3]宮崎県勢としても初めての出場だったが、初出場チーム同士の対戦になったシティライト岡山との初戦で敗退。その一方で、この大会に向けて新調した平仮名の社名ロゴ(うめだがくえん)入りのユニフォームや、前述した横断幕などで注目された[3]

沿革編集

  • 2006年
    • 2月 - 『梅田学園ベースボールクラブ宮崎』として創部し、日本野球連盟クラブチームとして加盟
    • 11月 - チーム名を『宮崎梅田学園自動車学校』に改称
  • 2009年1月 - チーム名を『宮崎梅田学園硬式野球部』に改称し、登録をクラブチームから企業チームに変更

主要大会の出場歴・最高成績編集

現在は企業チーム登録となったためクラブ選手権出場不可

主な出身プロ野球選手編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集