第44回社会人野球日本選手権大会

第44回社会人野球日本選手権大会(だい44かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2018年11月1日から11月12日の間の12日間、京セラドーム大阪で行なわれた社会人野球日本選手権大会である。

概要編集

  • 都市対抗野球からは初優勝を果たした大阪ガスが、クラブ野球選手権からは4度目の優勝を果たした大和高田クラブが本戦出場を決めた。大和高田クラブが1回戦でJR四国に勝利したため、クラブ野球選手権優勝枠のチームが大会初勝利をあげた。(※チームとしては、近畿地区予選を勝ち抜いて出場した2009年にベスト8まで進出している。)
  • 創部13年目の宮崎梅田学園が初出場。東海理化は13大会ぶりの出場を決め、大会初勝利をあげた。
  • 優勝したのは三菱重工名古屋。準優勝に終わった2007年以来となった決勝戦において、延長戦の末にJFE西日本を下し初優勝を果たした。

予選編集

出場チーム編集

代表枠 チーム 出場回数
都市対抗野球優勝
岡山大会優勝
大阪ガス 6大会連続22回目
クラブ野球選手権優勝 大和高田クラブ 8大会ぶり3回目
北海道大会東北大会優勝 NTT東日本 5大会連続14回目
日立市長杯優勝 JR東海 2大会ぶり14回目
東京スポニチ大会優勝
四国大会優勝
Honda 2大会連続21回目
静岡大会優勝 三菱重工名古屋 4大会ぶり9回目
長野大会優勝 トヨタ自動車 15大会連続18回目
ベーブルース杯優勝 西濃運輸 3大会ぶり18回目
京都大会優勝 パナソニック 24大会連続39回目
九州大会優勝 三菱日立パワーシステムズ 6大会ぶり6回目
北海道 室蘭シャークス 5大会ぶり4回目
東北 JR東日本東北 3大会連続19回目
北信越 信越硬式野球クラブ 3大会ぶり15回目
関東 東芝 3大会連続27回目
関東 鷺宮製作所 2大会ぶり12回目
関東 明治安田生命 2大会連続6回目
代表枠 チーム 出場回数
関東 JX-ENEOS 3大会連続22回目
関東 新日鐵住金鹿島 3大会連続8回目
東海 Honda鈴鹿 2大会ぶり12回目
東海 東海理化 13大会ぶり3回目
東海 王子 3大会連続11回目
近畿 日本生命 7大会連続35回目
近畿 三菱重工神戸・高砂 2大会連続23回目
近畿 NTT西日本 7大会連続20回目
近畿 日本新薬 11大会連続21回目
近畿 カナフレックス 3大会ぶり2回目
近畿 新日鐵住金広畑 4大会連続16回目
中国 JFE西日本 2大会ぶり12回目
中国 三菱重工広島 7大会連続18回目
四国 JR四国 3大会連続14回目
九州 沖縄電力 2大会連続5回目
九州 宮崎梅田学園 初出場

大会編集

トーナメント編集

  1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                     
 パナソニック 2  
 NTT東日本 1  
   パナソニック 1  
   日本新薬 4  
 日本新薬 3
 王子 1  
   日本新薬 1  
   新日鐵住金鹿島 2  
 三菱重工広島 1  
 新日鐵住金鹿島 2  
   新日鐵住金鹿島 14
   西濃運輸 6  
 西濃運輸 2
 信越硬式野球クラブ 1  
   新日鐵住金鹿島 2  
   JFE西日本 4  
 東海理化 4  
 室蘭シャークス 1  
   東海理化 0
   JFE西日本 4  
 JFE西日本 6
 宮崎梅田学園 0  
   JFE西日本 4
   日本生命 0  
 日本生命 4  
 明治安田生命 1  
   日本生命 5
   NTT西日本 0  
 三菱日立パワーシステムズ 3
 NTT西日本 6  
 JFE西日本 1
 三菱重工名古屋 2
 JX-ENEOS 1  
 JR東日本東北 6  
   JR東日本東北 1  
   三菱重工名古屋 2  
 カナフレックス 3
 三菱重工名古屋 5  
   三菱重工名古屋 5  
   Honda鈴鹿 2  
 大阪ガス 6  
 鷺宮製作所 5  
   大阪ガス 1
   Honda鈴鹿 3  
 沖縄電力 1
 Honda鈴鹿 10  
   三菱重工名古屋 5
   東芝 0  
 東芝 5  
 三菱重工神戸・高砂 2  
   東芝 6
   JR東海 4  
 JR東海 7
 Honda 6  
   東芝 5     
   新日鐵住金広畑 3       
 トヨタ自動車 2  
 新日鐵住金広畑 3  
   新日鐵住金広畑 4
   大和高田クラブ 1  
 大和高田クラブ 1
 JR四国 0  

1回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
王子 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日本新薬 0 0 0 1 0 2 0 0 × 3

勝:榎田 敗:中内

  • 第2試合(11月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鷺宮製作所 0 0 0 0 2 0 0 1 2 5
大阪ガス 0 0 0 3 0 0 0 2 6

勝:緒方 敗:西村

1 2 3 4 5 6 7 8 9
信越硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
西濃運輸 2 0 0 1 0 0 0 0 × 2

勝:堀田 敗:和田

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
東海理化 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4
室蘭シャークス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:立野 敗:佐藤

  • 第5試合(11月2日) - 延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
NTT東日本 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
パナソニック 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:藤井聖 敗:大竹

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金鹿島 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2
三菱重工広島 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:大貫 敗:鮫島

  • 第7試合(11月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸・高砂 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
日本生命 0 0 1 0 0 0 3 1 × 5

勝:岡野 敗:守安 本:石川、大河原(以上、東芝)

  • 第8試合(11月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda鈴鹿 0 0 0 4 3 0 0 1 2 10
沖縄電力 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:竹内 敗:伊波伸

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JFE西日本 0 1 5 0 0 0 0 0 0 6
宮崎梅田学園 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:河野 敗:古市 本:藤本(JFE西日本)

  • 第10試合(11月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
明治安田生命 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
日本生命 0 1 0 0 0 0 0 0 4

勝:阿部 敗:大久保 本:高橋英(日本生命)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7
JX-ENEOS 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:加藤 敗:大場

  • 第12試合(11月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 4 0 0 0 0 1 0 0 5
カナフレックス 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:西納 敗:宮城 本:山田晃(三菱重工名古屋)

  • 第13試合(11月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大和高田クラブ 0 0 0 1 0 0 1 0 × 1

勝:松林 敗:岡田律

  • 第14試合(11月6日) - 延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
JR東海 0 0 1 0 0 0 4 0 0 0 0 2 7
Honda 0 2 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 6

勝:福島 敗:若林 本:佐藤(Honda)

  • 第15試合(11月6日) - 延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
トヨタ自動車 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
新日鐵住金広畑 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:宮田 敗:嘉陽

  • 第16試合(11月6日) - 延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 6
三菱日立パワーシステムズ 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3

勝:吉元 敗:本多 本:日下部(NTT西日本)

2回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 1 0 0 1 0 0 0 2 0 4
パナソニック 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:榎田 敗:榎本

  • 第2試合(11月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金鹿島 0 0 0 3 0 5 2 0 4 14
西濃運輸 0 0 0 1 0 0 2 2 1 6

勝:伊藤 敗:堀田

  • 第3試合(11月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海理化 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JFE西日本 2 0 1 0 0 0 0 1 × 4

勝:中川 敗:池田 本:岡(JFE西日本)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 1 3 0 1 0 0 0 5
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:阿部 敗:濱崎

  • 第5試合(11月8日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
JR東日本東北 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:勝野 敗:加藤

  • 第6試合(11月8日) - 延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Honda鈴鹿 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
大阪ガス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:瀧中 敗:阪本 本:土井(大阪ガス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 2 0 0 0 0 0 1 0 1 4
東芝 0 0 1 0 4 0 0 1 × 6

勝:福本 敗:喜久川 本:中田(JR東海)

  • 第8試合(11月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和高田クラブ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
新日鐵住金広畑 0 0 1 1 0 0 0 2 × 4

勝:尾嶋 敗:松林

準々決勝編集

  • 第1試合(11月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金鹿島 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
日本新薬 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:大貫 敗:西川

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JFE西日本 0 0 3 0 1 0 0 0 0 4
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:河野 敗:藤井

  • 第3試合(11月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda鈴鹿 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
三菱重工名古屋 0 2 1 0 1 0 1 0 × 5

勝:服部 敗:松本竜

  • 第4試合(11月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5
新日鐵住金広畑 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3

勝:宮川 敗:森 本:松本(東芝)

準決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金鹿島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
JFE西日本 2 1 0 0 0 1 0 0 × 4

勝:中川 敗:伊藤

  • 第2試合(11月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 1 2 1 0 1 0 0 0 5
東芝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:勝野 敗:加嶋 本:小柳(三菱重工名古屋)

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
三菱重工名古屋 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
JFE西日本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:萩野 敗:中川
(三菱重工名古屋は初優勝)

表彰選手等編集

表彰 選手 所属
最高殊勲選手賞 勝野昌慶(投手) 三菱重工名古屋
敢闘賞 河野竜生(投手) JFE西日本
打撃賞 三木大知(外野手) JFE西日本
首位打者賞 小柳卓也(外野手)
4試合17打席14打数6安打 打率0.429
三菱重工名古屋
特別賞 大和高田クラブ
全日本クラブ野球選手権大会優勝枠で出場したチームとして初勝利
優秀選手 投手 勝野昌慶 三菱重工名古屋
河野竜生 JFE西日本
中川一斗
岡野祐一郎 東芝
大貫晋一 新日鐵住金鹿島
竹内諒 Honda鈴鹿
清水翔太 日本生命
坂本光士郎 新日鐵住金広畑
榎田宏樹 日本新薬
捕手 柘植世那 Honda鈴鹿
福井圭祐 新日鐵住金広畑
千葉義浩 日本新薬
一塁手 吉田承太 三菱重工名古屋
橋本拓也 JFE西日本
二塁手 松本幸一郎 東芝
籾山雄斗 日本生命
三塁手 渡部和博 新日鐵住金鹿島
正木健太郎 日本新薬
遊撃手 岡将吾 JFE西日本
伊藤ヴィットル 日本生命
外野手 小柳卓也 三菱重工名古屋
山田敬介
三木大知 JFE西日本
石川桜太 東芝
堀越匠 新日鐵住金鹿島
大場勇希 新日鐵住金広畑
福富裕 日本生命
指名打者 脇屋直征 JFE西日本
中稔真 日本新薬

脚注編集


参考編集

関連項目編集