メインメニューを開く

宮村 武夫(みやむら たけお、1939年1月21日 - 2019年8月16日)は、日本の牧師新約聖書解釈学の権威。

経歴編集

東京府出身、日本クリスチャンカレッジゴードン神学院ハーバード大学神学部(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。寄居教会(当時:日本新約教団)にて牧会後、青梅キリスト教会(当時:日本新約教団)にて牧会。沖縄聖書神学校校長、日本福音キリスト教会連合首里福音教会牧師[1]、日本センド派遣会総主事、宇都宮キリスト集会牧師、名護チャペル協力宣教師、クリスチャントゥデイ編集長を務めた。

2019年8月16日、胃癌のため死去[2]。80歳没。

著書編集

訳書編集

脚注編集