宮永 好道(みやなが よしみち、1930年 - 1999年1月23日)は、元シャープ顧問コラムニスト兵庫県神戸市生まれ。

みやなが よしみち
宮永好道
生年月日 1930年
没年月日 1999年1月23日
出生地 日本の旗日本兵庫県神戸市
職業 コラムニスト
活動期間 1979年 - 1999年
テンプレートを表示

「パソコンは、ソフトが無ければただの箱」の名言を残した人物[1]としても知られる。また、「Dr.パソコン」、秋葉原界隈の「パソコン仙人」の異名を持つ。

来歴編集

京都大学応用数学を学び、各地の研究機関を渡り歩いたのち、コンピュータエンジニアへ転向。東芝の委嘱としてミニコンピュータTOSBACシリーズのコンサルティングとして務める。

やがてパソコンが台頭し始めた頃、シャープの顧問となる。シャープ初期のパソコン、MZシリーズやX1シリーズ、X68000シリーズの開発に係わるようになる。

1982年テレビ東京系の番組「パソコンサンデー」に、『Dr.パソコン』の愛称で、主席講師として6年間レギュラー出演。「X」を「エッキス」とドイツ語読みする(FOR~NEXT構文は「フォー・ネキスト」になる)などの独特な口調が話題となる。また、1984年にはシャープのパソコン、MZ-1500CMに、同機のイメージキャラクターである倉沢淳美と共演した。

のちに複数のPC関連メーカーの顧問を歴任するようになる。

そして日本パーソナルコンピュータ・ユーザーズ・コンソーシアム(JPUC)を結成。パソコンと社会を繋ぐパイプ役として活動をした。

1999年1月23日、心筋梗塞で逝去。69歳没。

著書編集

  • ホームコンピュータ入門―その活用法と儲け方のノウハウ (1979年)
  • 楽しく学ぶBASIC(1982年)
  • プロならこうする パソコン・プログラミング―MZシリーズを使って (1983年)
  • Inside PowerPC1994年、監訳として)
  • 誰も書けなかったパソコンの裏事情(1998年) ISBN 4890631011
この本は晩年、宮永が執筆した「DOS/V Magazine」でのコラムを加筆修正し単行本化されたもの。PCの歴史や各メーカーの設計の傾向、PCの未来の予測などを書き綴っている。なお、宮永が他界する一ヶ月前の刊行であった。

参照編集

  1. ^ 誰も書けなかったパソコンの裏事情 P.150