メインメニューを開く

宮田村(みやだむら)は、かつて岐阜県益田郡に存在したである。

宮田村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 下呂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
益田郡
宮田村役場
所在地 岐阜県益田郡宮田村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の下呂市萩原町宮田、奥田洞、大ヶ洞に該当する。

明治初期の宮田村は現在の萩原町宮田のみであったが、三郷村に合併で消滅。後に奥田洞、大ヶ洞を含めた地域で宮田村(2代)に分立した。

歴史編集

  • 1875年(明治8年)2月 - 萩原村、花池村、桜洞村、上村、上呂村、中呂村、奥田洞村、大ヶ洞村、宮田村、宮地村、野尻村、御厩野村、乗政村、小川村、森村、湯之島村、東上田村が合併し三郷村発足。宮田村は消滅。
  • 1883年(明治16年)6月1日 - 三郷村より、宮田・奥田洞・大ヶ洞の各旧村域が宮田村(2代)として分立[1]
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制により、宮田村発足。
  • 1897年(明治30年) 4月1日 - 三郷村と合併し萩原村(2代)が発足。同日宮田村廃止。

学校編集

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

脚注編集

  1. ^ 同日、宮地・野尻・御厩野・乗政の各旧村域が竹原村、小川・森・湯之島・東上田の各旧村域が下呂村として分立している。

関連項目編集