益田郡

日本の岐阜県(飛騨国)にあった郡

益田郡(ましたぐん)は、岐阜県飛騨国)にあった

岐阜県益田郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は下記の区域にあたる。

  • 下呂市の大部分(金山町金山・金山町菅田笹洞・金山町菅田桐洞・金山町弓掛・金山町卯野原・金山町乙原・金山町岩瀬・金山町祖師野・金山町戸部・金山町東沓部・金山町田島・萩原町山之口を除く)
  • 高山市の一部(朝日町各町・高根町各町・久々野町久須母・久々野町大西・久々野町柳島・久々野町小屋名・久々野町辻)

尚、設置から鎌倉時代初期ぐらいまでは源頼朝の命により文覚上人(永雅上人との説もある)が現在の下呂市御厩野に天台宗の鳳慈尾山大威徳寺を建立した影響で、現在の美濃国側の中津川市加子母の小郷・小和知は、大威徳寺の領域として同郡に属していた。

歴史編集

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 阿多野郷 37村 久須母村、大西村、柳島村、小屋名村、辻村、○小谷村、○甲村、見座村、○立岩村、小瀬村、万石村、上ヶ見村、寺沢村、大広村、○黒川村、浅井村、○青屋村、寺附村、小瀬ヶ洞村、黍生谷村、○一之宿村、桑之島村、宮之前村、○西洞村、胡桃島村、猪之鼻村、中之宿村、○中洞村、池ヶ洞村、下之向村、○日影村、○上ヶ洞村、阿多野郷村、日和田村、小日和田村、野麦村、大古井村
小坂郷 11村 門坂村、岩崎村、無数原村、○小坂町村、大島村、坂下村、長瀬村、赤沼田村、○落合村、大洞村、湯屋村
上呂郷 6村 ○尾崎村、大ヶ洞村、宮田村、奥田洞村、○四美村、○上呂村
萩原郷 7村 ○桜洞村、○萩原町村[2]、○上村、花池村、○中呂村、西上田村、東上田村
中呂郷 3村 野上村、羽根村[3]、跡津村
下呂郷 6村 ○森村、小川村、○湯之島村、少ヶ野村、三原村、門原村
竹原郷 4村 ○乗政村、○宮地村、○野尻村、○御厩野村
下原郷 16村 保井戸村、瀬戸村、三ツ淵村、夏焼村、田口村、蛇之尾村、門和佐村、久野川村、和佐村、○火打村、○中切村(現・下呂市金山地区)、福来村、○中津原村、大船渡村、下原町村、渡村
馬瀬郷 10村 川上村、○黒石村、○数河村、中切村(現・下呂市馬瀬地区)、堀之内村、名丸村、井谷村、惣島村、西村、下山村
  • 慶応4年
  • 明治4年11月20日1871年12月31日) - 第1次府県統合により、筑摩県の管轄となる。
  • 明治8年(1875年) - 以下の町村の統合が行われる。(7村)
    • 下原村 ← 門原村、保井戸村、瀬戸村、三ツ淵村、夏焼村、田口村、蛇之尾村、門和佐村、久野川村、和佐村、火打村、中切村(現・下呂市金山地区)、福来村、中津原村、大船渡村、下原町村、渡村
    • 三郷村 ← 大ヶ洞村、宮田村、奥田洞村、上呂村、桜洞村、萩原町村、上村、花池村、中呂村、東上田村、森村、小川村、湯之島村、乗政村、宮地村、野尻村、御厩野村
    • 川西村 ← 尾崎村、四美村、西上田村、野上村、羽根村、跡津村、少ヶ野村、三原村
    • 小坂村 ← 門坂村、岩崎村、無数原村、小坂町村、大島村、坂下村、長瀬村、赤沼田村、落合村、大洞村、湯屋村
    • 馬瀬村 ← 川上村、黒石村、数河村、中切村(現・下呂市馬瀬地区)、堀之内村、名丸村、井谷村、惣島村、西村、下山村
    • 朝日村 ← 久須母村、大西村、柳島村、小屋名村、辻村、小谷村、甲村、見座村、立岩村、小瀬村、万石村、上ヶ見村、寺沢村、大広村、黒川村、浅井村、青屋村、寺附村、小瀬ヶ洞村、黍生谷村、一之宿村、桑之島村、宮之前村、西洞村、胡桃島村
    • 高根村 ← 猪之鼻村、中之宿村、中洞村、池ヶ洞村、下之向村、日影村、上ヶ洞村、阿多野郷村、日和田村、小日和田村、野麦村、大古井村
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により、岐阜県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての益田郡が発足。「大野益田吉城郡役所」が大野郡高山町に設置され、同郡および吉城郡とともに管轄。
  • 明治16年(1883年)(12村)
    • 下原村の一部(夏焼組・田口組・蛇之尾組・門和佐組・久野川組)が分立して上原村が、一部(門原組・保井戸組・瀬戸組・三ツ淵組・和佐組・火打組)が分立して中原村がそれぞれ発足。
    • 三郷村の一部(乗政組・宮地組・野尻組・御厩野組)が分立して竹原村が、一部(東上田組・森組・小川組・湯之島組)が分立して下呂村が、一部(大ヶ洞組・宮田組・奥田洞組)が分立して宮田村がそれぞれ発足。
  • 明治17年(1884年) - 馬瀬村が分割し、一部(川上組・黒石組・数河組・中切組・堀之内組・名丸組)に上馬瀬村が、残部(井谷組・惣島組・西村組・下山組)に下馬瀬村がそれぞれ発足。(13村)

町村制以降の沿革編集

 
1.三郷村 2.宮田村 3.小坂村 4.下呂村 5.竹原村 6.上原村 7.中原村 8.下原村 9.川西村 10.馬瀬村 11.朝日村 12.高根村(紫:高山市 赤:下呂市)

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年7月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
宮田村 明治30年4月1日
萩原村
明治30年10月29日
町制
昭和31年8月25日
萩原町
平成16年3月1日
下呂市
下呂市
三郷村
川西村 川西村
大野郡
山之口村
大野郡
山之口村
下呂村 大正14年1月1日
町制
昭和30年4月1日
下呂町
竹原村 竹原村
上原村 上原村
中原村 中原村
小坂村 明治31年3月2日
町制
小坂町
馬瀬村 馬瀬村 馬瀬村
武儀郡
金山村
明治23年12月27日
町制
昭和30年3月1日
金山町
昭和30年4月1日
金山町
武儀郡
沙田村
明治23年12月17日
改称
菅田村
明治29年11月20日
町制
下原村 下原村
郡上郡
弓掛村
明治30年4月1日
郡上郡
東村
郡上郡
卯野原村
郡上郡
乙原村
郡上郡
岩瀬村
郡上郡
祖師野村
郡上郡
戸部村
郡上郡
東沓部村
加茂郡
西白川村
加茂郡
西白川村
昭和28年4月1日
町制改称
加茂郡
白川町
昭和29年4月1日
加茂郡
白川町
昭和31年9月30日
加茂郡
白川町
昭和30年4月1日
加茂郡
白川町大字白山の一部が
金山町に編入
武儀郡
坂ノ東村
武儀郡
坂ノ東村
昭和29年4月1日
加茂郡
白川町に編入
加茂郡
白川町
加茂郡
白川町
加茂郡
白川町
加茂郡
佐見村
加茂郡
佐見村
加茂郡
佐見村
加茂郡
黒川村
加茂郡
黒川村
加茂郡
黒川村
加茂郡
黒川村
加茂郡
黒川村
加茂郡
黒川村
朝日村 朝日村 昭和25年4月1日
大野郡へ
平成17年2月1日
高山市に編入
高山市
高根村 高根村 昭和25年4月1日
大野郡へ

行政編集

大野・吉城・益田郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)2月18日
明治30年(1897年)7月31日 廃官
益田郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治30年(1897年)8月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により廃官

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 記載は萩原村。
  3. ^ 羽根村新田を含む。
  4. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典』21 岐阜県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1980年9月1日。ISBN 4040012100
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

先代:
大野郡
行政区の変遷
870年 - 2004年
次代:
(消滅)