メインメニューを開く

宮田 東峰(みやた とうほう、1898年3月24日 - 1986年1月13日)は日本のハーモニカ奏者。作曲家。本名:宮田孝三郎(こうざぶろう)。日本コロムビア常任顧問[1]。群馬県前橋市出身。兄は東京マンドリン宮田楽団創立者の宮田信義、息子はジャズ・フルート奏者の宮田英夫。

目次

ハーモニカ奏者として編集

中央大学経済学科在学中にハーモニカバンド(現中央大学ハーモニカ・ソサィエティー)を結成。ハーモニカの奏法は独習し、1918年には日本初のハーモニカ合奏団を結成した。これが後の「ミヤタ・ハーモニカバンド」である。同年、東京ハーモニカ協会を創立。大学は同年に中退[2]

1925年には自身監修の「ミヤタハーモニカ」を発売し、複音ハーモニカを代表するモデルの一つとなった。

2012年、大衆音楽の殿堂入り。

歌のない歌謡曲編集

「ミヤタ・ハーモニカバンド」で当時流行の歌謡曲を多数演奏し、その演奏は「歌のない歌謡曲」として有名だった

作曲作品編集

  • 「輝く東京オリンピック」(1959年)
  • 「十国峠の白い花」島倉千代子(1961年)

他多数

著書編集

  • 「ハーモニカ教本」
  • 「ミヤタハーモニカ独習」
  • 「音楽に生きる」

褒章編集

  • 藍綬褒章(1960年)
  • 勲四等旭日小綬章(1968年)
  • 勲三等瑞宝章(1974年)

脚注編集

  1. ^ 宮田 東峰』 - コトバンク
  2. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)

外部リンク編集