メインメニューを開く

宮田節子(みやた せつこ、1935年 - )は、日本歴史学者。専門は朝鮮史。元早稲田大学講師。学習院大学客員研究員。

人物編集

早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院文学研究科博士課程修了。1959年朝鮮史研究会の創設に関わる。

日本の朝鮮植民地を批判する立場で、自由主義史観研究会批判、新しい歴史教科書をつくる会批判[1]日韓併合の不当を主張する「2015年日韓歴史問題に関して日本の知識人は声明する」[2]などのアピール声明に名を連ねてきた。

平凡社刊『朝鮮を知る事典』(1986年版)の「1943年からは女子挺身隊の名の下に、約20万の朝鮮人女性が労務動員され、そのうち若くて未婚の5万~7万人が慰安婦にされた」という記述は、千田夏光『従軍慰安婦』を読んで、宮田が執筆したという(『朝日新聞2014年8月5日の検証記事)。これを『朝日新聞』の記者が引用して朝日新聞の慰安婦報道問題に発展したという[3][4]。これについて下川正晴は、「慰安婦=挺身隊」を混同する学者の失態だとして、「開いた口が塞がらない。」「日本の朝鮮史研究の水準が分かろうというものだ。新聞記者だけでなく、歴史研究者までもが、韓国人の無責任な言い分に引きづられたのである。日本のコリア研究に特有な贖罪史観のなせる技だと言うしかない。」と批判している[3][4]

1965年日本朝鮮研究所から『日・朝・中三国人民連帯の歴史と理論』という共著書を刊行しており、下川正晴は、日本人の「コリア誤解」の深淵であり、共著者の安藤彦太郎寺尾五郎、宮田節子、吉岡吉典を「今や知る人も少なくなった面々」と評している。ちなみに、「日朝中」で「韓国」がないのは、「日韓会談粉砕のために」という副題がついており、日韓基本条約に反対しているからだという[5]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 「教科書に真実と自由を」連絡会『徹底批判『国民の歴史』』大月書店、2000年5月。ISBN 978-4272520619
  2. ^ 2015年日韓歴史問題に関して日本の知識人は声明する[1]
  3. ^ a b “いまさら、梶村秀樹でもないだろうにね!!(笑)”. 下川正晴コリア研究室. http://shimokawa.at.webry.info/201502/article_2.html 2016年11月1日閲覧。 [信頼性要検証]
  4. ^ a b “⑪「民族神話」になった「慰安婦=挺身隊」の混同”. 下川正晴コリア研究室. http://shimokawa.at.webry.info/201503/article_18.html 2016年11月1日閲覧。 [信頼性要検証]
  5. ^ “古色蒼然たる「日・朝・中三国人民連帯の歴史と理論」(笑)”. 下川正晴コリア研究室. http://shimokawa.at.webry.info/201503/article_9.html 2016年11月1日閲覧。 [信頼性要検証]

参考文献編集