富小路 俊通(とみのこうじ としみち、嘉吉2年(1443年)頃 - 永正10年3月5日1513年4月10日))は、戦国時代公家。浄土寺門跡侍法師石見法橋某の子。初め宮内卿源康俊猶子、のち二条家庶流の石見権守・藤原通治の子を称した。官位従三位・宮内卿。

経歴編集

九条家諸大夫として仕える一方、修理大夫宮内卿などを務め、延徳4年(1492年従四位下明応4年(1495年)従四位上、明応8年(1499年正四位下と昇進した。初めは醍醐源氏の宮内卿・源康俊猶子となるが、のち関白二条道平の庶子である左衛門佐・藤原道直の後裔であるとして二条家の庶流を称し、源氏から藤原氏改姓した。文亀2年(1502年従三位への上階を請うが、父祖の名前も明らかでない者が公卿の地位を求めたとして、中御門宣胤から批判を受けている[1]。翌文亀3年(1503年従三位に叙せられて公卿に列した。

歌人として文明5年(1473年)の『按察使親長卿家歌合』や明応元年(1492年)の『竹内僧正歌合』などに出詠。連歌作品が『新撰菟玖波集』に採録されている。また『源氏物語』の注釈書『三源一覧』を著した。

永正10年(1513年)3月5日薨去享年70歳前後か。

官歴編集

注記のないものは『諸家伝』による。

系譜編集

注記のないものは『系図纂要』による。

  • 父:藤原通治 - 実は浄土寺門跡侍法師石見法橋某の子[3]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳

脚注編集

  1. ^ a b 『宣胤卿記』文亀2年3月5日条
  2. ^ 『日本人名大辞典』
  3. ^ 『尊卑分脈』

参考文献編集

  • 『日本人名大辞典』講談社、2001年
  • 正宗敦夫編『諸家伝』日本古典全集刊行会、1940年