メインメニューを開く

寺尾 直樹(てらお なおき、1965年11月18日 - )は、気象予報士気象キャスターで、現在はNHK名古屋放送局の契約キャスター(専属契約)。

目次

略歴編集

神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。大学卒業後、伊藤園勤務を経て、1992年ウェザーニューズに入社。1999年気象予報士試験に合格。受験回数は10回を数えたという。ウェザーニューズでは営業職で名古屋勤務、幕張グローバルセンター勤務を経て、報道気象担当に。各放送局向け業務を担当後、放送気象担当として同社の制作するCS放送、ケーブルテレビ向け番組の制作、キャスターを担当[1]

2001年NHK-BS1の気象情報番組『地球天気予報』に出演。2002年からはNHK名古屋放送局の契約キャスターとして、同局のニュース番組『ほっとイブニング』の気象情報などを担当。『ほっとイブニング』では2006年度に視聴者の質問に回答する「お天気寺子屋」というコーナーも受け持ち、2007年度は同コーナーをリニューアルした「寺尾直樹の寺きん」を担当。2009年3月27日をもってNHKでの出演を終了。なお、NHKとの雇用関係は他の気象予報士同様、番組出演契約であった。NHK名古屋での寺尾の後任となる気象予報士は、大隅智子と植木奈緒子の2人。

2009年4月より、7年ぶりにウェザーニューズ・グローバルセンター(幕張)勤務。4月27日からは、同社が運営する24時間動画生放送『SOLiVE24』で、天気解説を担当していた。

2010年2月28日、ウェザーニューズを退社[2]。前日27日に南米チリで発生したM8.8の地震の影響で太平洋沿岸を中心に大津波警報等が発表、ウェザーニューズが規定している減災スケールがM3(警戒)となり急遽放送された速報番組(09:00 - 12:30)がSOLiVE24最後の出演番組となった。M3体制である事を考慮し、寺尾自身から視聴者へ直接の報告・挨拶は出来ず、視聴者へは、同日深夜放送の『weathernews LiVE』にて、寺尾からの手紙を田口ゆみが代読する形で報告した。

2010年3月29日より、NHK名古屋放送局の「ほっとイブニング」の気象キャスターとして復帰。

人物・エピソード編集

  • 趣味は国内旅行
  • 小学生のころからが好きで、そのころから天気に興味を持つ。
  • SOLiVE24に出演していて以降「SORA CHAT」参加者から「アニキ」の愛称で呼ばれるようになる。のちにその愛称が全社に広がった。
  • 2009年11月30日に開催されたウェザーニューズのイベント、「ソラトモパーティー2009」に西川里美今田佐和子予報士と共にクイズプレゼンターとして出演した。
  • SOLiVE24では、まれに眼鏡を着用して出演する時があった。
  • 身長177センチ。自身の影の長さが、2010年の夏至の正午は71センチだったが、冬至には340センチになったと自ら明かした。

現在の出演番組編集

NHK名古屋放送局
  • まるっと!(気象情報・2018年4月2日 - ・東海3県)
  • 気象情報(東海北陸ブロックネット・17:57 - 18:00・2010年3月29日 - )

過去の出演番組編集

NHK名古屋放送局(1度目)時代
ウェザーニューズ「SOLiVE24」
  • SOLiVE Morning (2009年4月28日-2010年2月28日)
  • SOLiVE Afternoon (2009年4月28日-2010年2月27日)
  • SOLiVE Morning SATURDAY (2009年4月-2009年9月)
  • SOLiVE Afternoon SATURDAY (同上)
  • SOLiVE Night SATURDAY (同上)
  • weathernews LiVE (ゲストコーナーに出演、2009年10月27日
NHK名古屋放送局(2度目)時代

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b SOLiVE24『weathernews LiVE』2009年10月27日の「ゲストゾーン」に出演にて。
  2. ^ SOLiVE24『weathernews LiVE』2010年2月28日の「weathernews News」にて。

外部リンク編集