寺島 忠三郎(てらしま ちゅうざぶろう)は、幕末長州藩士尊皇攘夷派の志士である。 作間忠三郎などの変名を名乗る。家格は無給通組。

 
寺島 忠三郎
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保14年(1843年
死没 元治元年7月19日1864年8月20日
別名 :昌昭、:子大
墓所 京都市霊山護国神社、他
幕府 江戸幕府
長州藩
父母 父:寺島直一
兄弟 秋介忠三郎
テンプレートを表示

経歴編集

周防国山口県)に生まれる。藩校明倫館、私塾松下村塾吉田松陰に師事した。文久2年(1862年)、高杉晋作久坂玄瑞大和弥八郎長嶺内蔵太志道聞多松島剛蔵有吉熊次郎赤禰幹之丞山尾庸三品川弥二郎らと御楯組結成に参加、長州藩家老の長井雅楽暗殺計画にも参加する。

元治元年(1864年)、八月十八日の政変で長州藩が失脚した後に、久坂玄瑞と共に禁門の変で互いに刺し違えて自害して果てた。享年21。

関連作品編集

テレビドラマ