メインメニューを開く
山尾庸三

山尾 庸三(やまお ようぞう、天保8年10月8日1837年11月5日) - 1917年大正6年)12月22日[1])は、幕末から大正時代の長州藩士、官僚。子爵。長州藩重臣で寄組繁沢氏の給領地庄屋[2]であった山尾忠治郎の二男。周防国吉敷郡二島村(現・山口県山口市秋穂二島)出身。木戸幸一太平洋戦争時の昭和天皇側近)の外祖父(長女の寿栄が木戸の母)に当たる。

生い立ち編集

萩藩寄組である繁沢石見に経理の才を認められ奉公(陪臣)に上がる。嘉永5年(1852年)江戸に赴き、同郷の桂小五郎に師事し、その後江川塾の門弟となる。

文久元年(1861年)、幕府の船・亀田丸に乗船し、アムール川流域を査察。帰国後は箱館に滞在して武田斐三郎に師事した[3]文久2年(1862年)、英国公使館焼き討ち事件に参加した[3]ほか、塙忠宝伊藤博文とふたりで暗殺した[4]

イギリス留学編集

文久3年(1863年)、藩命により陪臣から藩の士籍に列し、密航で伊藤博文井上馨井上勝遠藤謹助と共にイギリスへ留学し、長州五傑と呼ばれた。

ロンドンにおいて英語と基礎科学を学んだ後、ヒュー・マセソン (Hugh Mathesonの紹介でグラスゴーネピア造船所 (Napier Shipyardで徒弟工として技術研修を受ける。ヒュー・マセソンの友人のコリン・ブラウン Colin Brown[5]宅に下宿し、同カレッジの夜学でいくつかの講義を受ける[6]。後に工学寮工学校都検として来日するヘンリー・ダイアーは、アンダーソン・カレッジの夜学で山尾の姿を見たと語っている[7]

ブラウンは、山尾が明治3年に明治政府の要職に就いたことを工部省御雇いコリン・マクヴェインから知らされ、グラスゴーで日本の将来のために毎日仕事と勉強に勤しむ山尾の姿を思い出し、彼こそ「真のヒロー」であると述べている[8]

明治政府出仕編集

明治元年(1868年)に帰国。帰国後に明治政府に出仕し、横須賀製鉄所担当権大丞となった。鉄道技師長のエドモンド・モレルの提案を受けて伊藤博文とともに明治3年(1870年工部省の設立に勤めた[9]

明治4年(1871年)、工部省が10寮1司体制で始動すると、岩倉使節団副使として外遊する工部大輔の伊藤博文に代わり工部省をまとめあげるとともに、工学寮測量司の長に就任。日本最初の実務技術者養成機関である工学校の創設に尽力し、この工学校は1877年に工部大学校と改められ、のちの東京大学工学部の前身となった。工部権大丞・工部少輔、工部大輔を経て、1880年工部卿に就任するなど、工学関連の重職を任された。

また、参事院議官、参事院副議長も務めた。1885年に新たに創設された法制局の初代長官[10]宮中顧問官も務めている。1887年5月24日に子爵となる[11]

社会運動と晩年編集

1898年退官後、文墨に親しみ特に金魚の飼育を好んだ[12]

明治4年には盲学校聾学校の設置を主張する建白書を表す[13]など障害者教育に熱心に取り組み、1880年に楽善会訓盲院(東京盲唖学校の前身)を設立した。1915年には日本聾唖協会の総裁となっている。明治9年(1876年)に楽善会訓盲院設立認可が下りた日に因む東京盲唖学校の設立記念日12月22日(新暦)は、幕末に山尾が暗殺した塙忠宝(盲目の国学者塙保己一の息子)の命日と同じ日付(旧暦)である[14]

1917年、死去[15]

親族編集

  • 長男・次男は早世しており、三男の山尾三郎(1887-1946年)が子爵を襲爵した。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1620号、大正6年12月25日、p.748。兼清正徳によれば12月21日の夜に逝去した由(『山尾庸三傳』p231)。
  2. ^ 元々は武士階級だったが帰農した。
  3. ^ a b 萩の人物データベース
  4. ^ 吉川弘文館『国史大辞典』
  5. ^ コリン・ブラウンアンダーソン・カレッジ ( (Andersonian Collegeのユーイング音楽講師を勤め、ピットマンと一緒に『スコットランド民謡集 (J. Pittman and Colin Brown: The Songs of Scotland, 1873)』を編纂した。9頁に"Annie Laurie"、21頁に"Auld Langsyne"が収められている.
  6. ^ 泉田英雄:工部大学校創設再考、日本建築学会計画系論文集、2017年
  7. ^ ヘンリー・ダイアー:大日本―技術立国日本の恩人が描いた明治日本の実像, 1999年
  8. ^ Colin Brown's Letter to Rev. Donald McVean, November 12, 1870, McVean Archives.
  9. ^ 朝日日本歴史人物事典
  10. ^ 『官報』第745号、明治18年12月23日、pp.1-3斎藤和太郎政府大改革之顛末 上編静岡大務新聞社、1886年、72頁。 
  11. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  12. ^ 中央新聞社編、「山尾庸三子 金魚」 『名士の嗜好』 文武堂、1900年、91-97頁。 
  13. ^ 東京聾唖学校編、「工学頭山尾庸三盲学聾学二校創建の建白」 『創立六十年史』 東京聾唖学校、1935年、5-7頁。 
  14. ^ 久田信行『盲唖学校の成立と山尾庸三(補遺)―建白書と暗殺事件―』
  15. ^ 服部敏良は心臓病のためとする(『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」吉川弘文館、2010年、p29)。兼清正徳によれば脳溢血とのこと(『山尾庸三傳』p231)。
  16. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  17. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。
  18. ^ 『官報』第1519号「彙報」1888年7月23日。
  19. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  20. ^ 『官報』第2701号「叙任及辞令」1892年6月30日。
  21. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献編集

  • 和田昭允「近代工学誕生期の先見的知性 -山尾庸三-」(『国立科学博物館ニュース』1997年6月号)
  • 兼清正徳『山尾庸三伝 -明治の工業立国の父-』(山尾庸三顕彰会、2003年) 
  • 兼清正徳「山尾庸三」(『近現代日本人物史料情報辞典2』吉川弘文館、2005年)

放送番組編集

  • tysテレビ山口制作「生きた器械になりたい~時代の先駆者山尾庸三」(1997年12月27日放送)の番組を参考に、放送の5年後の2002年12月に全日空の機内誌「翼の王国」で「長州ファイブ特集」が組まれる。そして機内誌を参考に映画化に至る。

演じた人編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
山尾(庸三)家初代
1887年 - 1917年
次代:
山尾三郎