寺本哲治

和歌山県出身の元プロ野球選手

寺本 哲治(てらもと てつじ、1929年9月18日 - 2010年2月[1] )は、和歌山県出身の元プロ野球選手内野手)。

寺本 哲治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1929-09-18) 1929年9月18日
没年月日 2010年2月
身長
体重
168 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴 編集

田辺高を経て、1949年読売ジャイアンツに入団。この年より巨人は二軍制を敷いたが、寺本は二軍で打率本塁打打点盗塁の四冠王を獲得する[2]1950年には初めて一軍に昇格し、7月19日の対大洋ホエールズ戦での先発出場を始めとして7試合で二塁手を守った。その後、1951年に8試合、1954年に1試合の代走出場に終わり、1954年限りで現役を退いた。

引退後は、報知新聞社大阪本社営業局に勤めている[3]

人物 編集

できたばかりの二軍に入れられるが、一軍を目指して猛練習に励み、巨人における二軍選手の心構えの基盤を築いたと、評価されている[2]

逸話 編集

朝は4時に起床して丸子橋のそばにあった合宿所からガス橋まで多摩川土手の往復6㎞ほどを走り込みするのが日課だった。ある朝、朝靄の向こうに走っている人がいたため追いついて顔を見ると、内野手のライバルだった内藤博文だったという[4]

当時、一軍ではベテランが幅をきかせて若い選手をしごいており、二軍あがりの寺本は中尾碩志武宮敏明によく気合いを入れられていた。そこで寺本は一計を案じて仕返しをする。巨人のホームゲーム浜松遠征の際、本来は白いホーム用のユニフォームで試合するところ、寺本はわざとグレーのビジター用のユニフォームを持参し、宿でビジター用のユニフォームに着替えて中尾や武宮の前を行ったり来たりした。これを見てホーム用しか持ってきていない中尾と武宮は驚き、マネジャーを呼んだり自宅に電話するなどの大騒ぎになった[2]

詳細情報 編集

年度別打撃成績 編集

















































O
P
S
1950 巨人 25 9 9 2 1 0 0 0 1 1 1 1 0 -- 0 -- 0 2 0 .111 .111 .111 .222
1951 8 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1954 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 34 9 9 4 1 0 0 0 1 1 2 2 0 0 0 0 0 2 0 .111 .111 .111 .222

背番号 編集

  • 32(1949年 - 1954年)[5]

参考文献 編集

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ 最近死去した野球関係者
  2. ^ a b c 『巨人軍の男たち』141頁
  3. ^ 『巨人軍の男たち』139頁
  4. ^ 『巨人軍の男たち』140頁
  5. ^ YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE 背番号変遷