メインメニューを開く

射精

ぺニスから精液を射出すること
射精の連続写真

射精(しゃせい、: ejaculation)は、男性またはオス生殖器陰茎)から精子を含む精液を放出することである。魚類や両生類など水棲動物の射精は「放精(ほうせい)」と呼ぶこともある。

ヒトの射精編集

 
勃起した男性器(外観)
 
ヒトの男性の勃起した陰茎

主に、セックスオナニーの最中に、性的刺激または陰茎に対する物理刺激に対する反射として、性的快感であるオーガズムを伴い、尿道から精液が放出される。射精が起きる瞬間、陰茎は通常は勃起している状態である。

第二次性徴期の段階にある、概ね11歳から16歳くらいで射精が可能になり、初めての射精を「精通」という。

睡眠中に射精することもあり、その現象を「夢精」と呼ぶ。

性行為の際に早めに射精してしまうことを「早漏」、反対になかなか射精しないことを「遅漏」という。

前立腺への直接の刺激によって起こったり、稀ではあるが前立腺の疾患が原因で引き起こされることもある。

射精まで通常、勃起は射精につながるものの、男性の勃起ペニスではないすべての興奮も前駆体である性的興奮につながる。自慰行為中の陰茎の性的刺激または肛門口腔または非挿入時の性的活動は、男性がオルガスムと射精を達成するために必要な刺激を提供する場合があるが、膣内射精潜伏時間に関しては男性は通常、陰茎と膣の性交の開始後5〜7分でオーガズムに達し、彼らの欲求とパートナーの欲求を考慮し、10分が一般的な膣内射精潜伏時間であるとされる [1] [2]前戯 (性交中に浸透する前のキス、ふれあい、性感帯の直接刺激)またはマスターベーション中のいずれかによる長時間の刺激は、十分な量の覚醒および射精前液の産生をもたらす。射精前液中の精子の存在はまれであると考えられているが、 尿道内にまだ存在し、以前の射精からの精子は、射精前液によって拾われる可能性がある。さらに、感染性物質(HIVを含む)が射精前に存在することがよくある。

早漏は、希望の時間よりも前に射精が行われることである。反対に、長時間の性的刺激の後、そうすることを望むにもかかわらず、男性が適時に射精できない場合、それは遅漏または無オーガズム症と呼ばれている。射精を伴わないオーガズムは、 ドライオーガズムとして知られている。

精液は生産されるものの、先天性の異常によって射精反射機能の不全をもつ者も稀におり、出生時に超低体重児であったり仮死状態で生まれた者にその割合が高い傾向がある。思春期以降では治療困難であり、幼少期でテストステロンのレベルが一時的に高まる5歳頃までに治療を行うことで射精能力を獲得することが可能であるとする研究結果もある。

射精のメカニズム編集

精子精巣内にある多数の精細管で作られる。精子の頭部の大きさは、人体では最も小さな細胞で0.005mm程度しかない。性的な興奮が高まると、陰茎内の陰茎海綿体尿道海綿体の内部の動脈が弛緩し、海綿体に多量の血液が流入することで、海綿体は膨張、海綿体を外側から包んでいる白膜が、血圧を受けて硬化する。この状態が勃起である。勃起時には、精巣で作られた精子は蠕動運動により精管を通って前立腺まで運ばれ、精嚢からの分泌液と混合し精液となる。同時に精液の膀胱への逆流防止のため、膀胱の出口の内尿道括約筋が収縮し、膀胱につながる尿道は閉鎖される。さらに外尿道括約筋が収縮し前立腺内の尿道内圧が高まり、外尿道括約筋だけが弛緩すると圧力で精液が押し出され、外尿道口から射精される[3][4]

過程編集

 
ヒトの射精器官の図
 
射精のGIF画像

射精の過程は大きく分けて2つの段階からなり、精液が尿道前立腺部に集められる過程(エミッション:emission)と、精液が尿道を経由して外尿道口から放出される過程(イジャキュレーション:ejaculation)とに分けられる。通常、「射精」と呼んでいるのは後者を指す。

1. 前段階
性的な興奮が高まると、まず、尿道球腺液が分泌され、勃起してあらかじめ酸性に傾いている男性尿道内を中和する(興奮の安定期が持続した場合にも分泌される)。精巣(睾丸)が少しずつ陰茎の根本の方にせり上がる。そして陰嚢が小さく引き締まり、精巣は外から見て分からないほどになる。一部ではこの状態になると精液の放出まで勃起が治まらないという説があるが、これは間違いである。
2. 移動の段階
さらに性的な興奮が高まると、精巣上体(副睾丸)尾部に蓄えられていた精子は少量の分泌液とともに精管の蠕動運動によって精管末端部にある精管膨大部まで順次運ばれ、精子はここで射精の瞬間まで待機する。ついには性的な興奮が頂点に達する(オーガズム)と脊髄内にある射精中枢が反応し、射精反射が発生する。脳が関与できない反射のため、この段階に入ると意思の力で射精を抑えるのは困難である。
膀胱括約筋が固く収縮するとともに前立腺液が尿道前立腺部に排出され、精管膨大部に蓄えられていた精子も射精管を通って尿道前立腺部に押し出される。この過程がエミッションである。このとき膀胱の出口は固く閉じられているので、精液が膀胱に逆流することはない。一方、尿道括約筋も固く収縮しているので精液は行き場を失い、前立腺内で内圧が非常に高まる。これがいわゆる射精直前の感覚である。性交中及び自慰中にこの状態になると、快感が急に強くなってくる。この時、オーガニズム寸前の陰核の快感に匹敵し、精液を出そうとする直前のムズムズ、ゾクゾクしたような射精管の感覚の快感は男特有である。
3. 放出の段階
第二段階(イジャキュレーション)は尿道括約筋が弛緩することから始まり、前立腺内に充満した精液の内圧によって一気に押し出され、尿道の球海綿体筋などの働きによって陰茎先端の外尿道口から勢いよく放出される。同時に精嚢の平滑筋も収縮を繰り返し、精液の約7割を占める精嚢液が少し遅れて律動的に放出される。そのとき肛門括約筋もまた、収縮を繰り返す。この時男性は、オーガズムに達する。快感は陰核と同等か、場合によってはそれ以上となる。
射精の律動は、1秒内外の間隔で数回にわたって連続して発生する。回数が進むに連れて次第に間隔が開いて射精の勢いも減少し、急速に勃起が解けていく。

回数編集

ひとたび射精すると、性欲が急激に減退し、性的刺激に対しても鈍感になるなどして、次回の勃起および射精までは、時間的間隔を置かなくてはならないことがある。また、パートナーからの性的誘いに対して嫌悪感を抱く場合もある。これは脳下垂体前葉ホルモンであるプロラクチンの作用によるもので[5]、医学用語では「無反応期」と呼ぶ。射精の繰り返し能力には幅があり、通常は1 - 2時間に1回位とされるが、2回以上、希有な例では3 - 4回に達することもあり、米国の性科学者アルフレッド・キンゼイの記録によれば、1度のセックスで射精回数が6 - 8回に及んだものもあった[6]

精液の量編集

射精液の液量は平均3.5ミリリットル、ティースプーン程度だが個人差も大きく、約0.2 - 6.6ミリリットルと幅がある。数滴しか出ない場合や逆にこれを超える例もあり、長期間射精しなかった場合13ミリリットルに達することもある[7]。射精後、精嚢に精液が満たされるのに2 - 3日間かかるため、前回との射精間隔が2 - 3日未満だとその液量は少なくなる。

個人差はあるが、4日以上経つと精液は夢精として自然排出されるか、体内でタンパク質として吸収される。3日目まで蓄積された精子は、精液の量に反して活性が低い。精子の生存期間は温度など条件により約1 - 21日間である[8]

射精の勢い

精液の出る勢いについては、立って真横に射精した場合、数十センチから1メートル近くにも及ぶ。通常は17.5 - 25センチメートル、長期の禁欲後では90センチメートル以上に達することもある[7]。ただし、前回の射精からの間隔が短い場合には、陰茎から沁み出すようにして射精する例もある。

射精により排出される精子数編集

射精一度あたりの射精液が含む精子数もまた個人差が大きいが、通常1億 - 4億程である。また、1日に作られる精子の数は5000万 - 1億程である。この数に影響を与える因子は数多くあり、最後の射精からどのくらいの時間が経過したか、睾丸の置かれた温度環境、射精までに要した性的興奮の時間、年齢、テストステロンのレベル、個人差、精液の量などに依存する。無精子症や乏精子症などの疾患では精液中に精子が全く見られなかったり少ないために不妊症(男性不妊という)の原因となる。

他の生物の射精編集

ミナミハンドウイルカの射精(Morisaka T., et al.(2013))

哺乳類と鳥類では、複数回の射精が一般的である[9]

種牡馬では、射精時に、"tail flagging"と呼ばれる特殊な尾の動きをすることが知られている[10]

また、オスのオオカミの場合では、射精時に繁殖行為の腰を突き出す動きがわずかに長くなるという観察結果がある[11]

2012年、日本の御蔵島付近、野生のミナミハンドウイルカが自発的な射精をおこなう報告と映像が記録された。これは水生哺乳動物における自発的な射精としては、学術雑誌に投稿された世界初の記録である[12]

ミニチュア豚の射精時間は平均5分52秒であり、一般豚より1〜2分短い[13]

興味深い例では、ハリモグラではペニスの先端が複数に分かれており、交尾中、残りの半分は射精の間に閉じられていて、射精のたびに交互に使用されている[14]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ Waldinger, M.D.; Quinn, P.; Dilleen, M.; Mundayat, R.; Schweitzer, D.H.; Boolell, M. (2005). “A Multinational Population Survey of Intravaginal Ejaculation Latency Time”. Journal of Sexual Medicine 2 (4): 492–497. doi:10.1111/j.1743-6109.2005.00070.x. PMID 16422843. 
  2. ^ Giuliano, F.; Patrick, D.; Porst, R.; La Pera, G.; Kokoszka, A.; Merchant, S.; Rothman, M.; Gagnon, D. et al. (2008). “Premature Ejaculation: Results from a Five-Country European Observational Study”. European Urology 53 (5): 1048–1057. doi:10.1016/j.eururo.2007.10.015. PMID 17950985. 
  3. ^ 看護roo! - 男性の生殖器の構造と射精のメカニズム|受精のしくみから理解する(1)
  4. ^ GOOヘルスケア 【図解付き】精子と射精のメカニズム・"精子"は、射精を通じて体外へ放出(株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」)
  5. ^ 射精後の「賢者タイム」、その原因はとあるホルモンにあった?
  6. ^ 参考文献の1、184頁(「男性の性器官」、2.性的能力〈射精の繰り返し〉)。
  7. ^ a b 参考文献の1、184頁(「男性の性器官」、2.性的能力〈射精〉)。
  8. ^ 参考文献の1、184頁(「男性の性器官」、2.性的能力〈精子の産生〉)。
  9. ^ Robert L. Smith (28 December 1984). Sperm Competition and the Evolution of Animal Mating systems. Elsevier. ISBN 978-0-323-14313-4. https://books.google.com/books?id=OIh4DX7tk_0C&printsec=frontcover#v=onepage&q=multiple%20ejaculation&f=false 2014年4月12日閲覧。. 
  10. ^ Juan C. Samper, Ph.D.; Jonatjhan F. Pycock; Angus O. McKinnon (2007). Current therapy in equine reproduction. Elsevier Health Sciences. ISBN 978-0-7216-0252-3. https://books.google.com/books?id=1vAJ2lbypRMC&printsec=frontcover#v=onepage&q=ejaculation%20flagging&f=false 2014年4月12日閲覧。. 
  11. ^ L. David Mech; Luigi Boitani (1 October 2010). Wolves: Behavior, Ecology, and Conservation. University of Chicago Press. pp. 44–. ISBN 978-0-226-51698-1. https://books.google.com/books?id=_mXHuSSbiGgC&pg=PA44&dq=wolf+ejaculation&hl=en&sa=X&ei=i4RxUYreG-WB0QHey4HACw&ved=0CDUQ6AEwAA#v=onepage&q=wolf%20ejaculation&f=false 2014年4月12日閲覧。. 
  12. ^ Morisaka, Tadamichi; Sakai, Mai; Kogi, Kazunobu; Nakasuji, Akane; Sakakibara, Kasumi; Kasanuki, Yuria; Yoshioka, Motoi; Sakamoto, Kentaro Q. (27 August 2013). “Spontaneous Ejaculation in a Wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphin(Tursiops aduncus)”. PLoS ONE 8 (8): e72879. doi:10.1371/journal.pone.0072879. PMC: 3755988. PMID 24015280. http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0072879 2014年4月12日閲覧。. 
  13. ^ 中西 喜彦, 吉永 健一郎, 小川 清彦. ミニチュア豚の精液性状とその季節変動について. 鹿兒島大學農學部學術報告 35, 81-88, 1985-03-15. NAID 110004993294
  14. ^ Johnston S.D., Smith B., Pyne M., Stenzel D., and Holt W.V. One-Sided Ejaculation of Echidna Sperm Bundles(Tachyglossus aculeatus). Am. Nat. 2007. Vol. 170, p. E000. [AN:42629] doi:10.1086/522847

参考文献編集

  • ダイヤグラム・グループ著/池上千寿子・根岸悦子訳 『マンズ・ボディー』 鎌倉書房、1980年。
  • 徳和, 泉 (1980-12-25). “牛における射精反射機構の神経解剖学的研究”. 石川県農業短期大学特別研究報告 9 (a-85). NAID 110000044801. 
  • 猪瀬 優理「中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景」『現代社会学研究』第23巻0、北海道社会学会、2010年、 1-18頁、 doi:10.7129/hokkaidoshakai.23.1NAID 130003377579
  • 中越, 利佳、草薙, 康城、宇都宮, 温子、今村, 朋子、永江, 真弓「高校生の性知識と性情報についての調査報告」『愛媛県立医療技術大学紀要』第7巻第1号、公立大学法人愛媛県立医療技術大学、31-12月-2010、 37-44頁、 NAID 110008507518

関連項目編集

射精に至る要因編集

その他編集