メインメニューを開く

小出 吉重(こいで よししげ、慶長12年(1607年) - 延宝2年1月18日1674年2月23日))は、但馬出石藩の第5代藩主。出石藩小出家4代。

出石藩主小出吉英の次男。母は保科正直の娘(貞松院)。正室は有馬豊氏の娘。子に小出英安(長男)、有馬豊祐(三男)、小出英直(四男)、娘(大関増栄正室)、娘(立花種明正室)、娘(谷衛広正室)、娘(成瀬正親正室)、娘(土方雄隆正室)、山内一輝室。官位は従五位下、修理亮。

慶長12年(1607年)、出石に生まれる。幼名は万作。寛文6年(1666年)、京極高国改易されたため、その城の受け取り役を務めた。その直後の同年5月14日、父の隠居により60歳にして家督を継いだ。このとき、所領5万石のうち、弟の英本英信に2000石ずつ、養嗣子の英勝に1000石を分与した。延宝元年(1673年)12月12日、長男の英安に家督を譲って隠居し、直後の延宝2年(1674年)正月18日に68歳で死去した。

法号は鑑英宗昭真常院。墓所は東京都練馬区桜台の広徳寺。