小出 英長(こいで ふさなが)は、江戸時代前期の大名但馬国出石藩8代藩主。官位従五位下播磨守。出石藩小出家7代。

 
小出英長
時代 江戸時代前期
生誕 寛文5年(1665年
死没 元禄7年12月17日1695年1月31日
戒名 休心太岳仙峯院
墓所 東京都港区三田の随応寺
官位 従五位下播磨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
但馬出石藩
氏族 小出氏
父母 小出英信小出英益
半井成忠
英及
テンプレートを表示

生涯編集

養父郡大藪に2000石の所領を持つ旗本小出英信の次男として誕生。

英長も父から500石を分与されていたが、元禄5年(1692年)に本家の先代藩主・小出英益が死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。このとき、自分の500石を本家に併合したため、4万4000石を領するようになる。

元禄7年(1694年)12月17日、30歳で死去した。死後、家督は生後1か月しかたっていない長男の英及が継いだ。法号は休心太岳仙峯院。墓所は東京都港区三田の随応寺。

系譜編集