メインメニューを開く

小山 成長(おやま しげなが、生没年不詳)は、室町時代から戦国時代の武将。山川景胤(かげたね)の子。小山持政の養子。小山政長の父。下野守。

生涯編集

従伯父で先代の小山持政に子がなかったため、一門の山川氏から養子として迎えられ、小山氏の当主となっている。古河公方足利成氏より偏諱を受けて成長(「長」は鎌倉時代の小山氏歴代当主の通字)と名乗る。室町時代後期、結城氏の力は結城合戦やその後の相次ぐ当主の早逝がなどにより衰退しており、家臣筋の山川氏や多賀谷氏の力が増大していた。また、小山氏と結城氏は結城合戦や享徳の乱を巡って対立を抱えていたのに対して、山川氏は家臣筋とは言え小山氏と同様に結城基光の実子(山川基義)が家督を継いだ経緯があり、両氏の間の親近感が強かったからとみられている[1]

長享元年(1487年)、古河公方を押さえ込み、さらに強大になった上杉氏にほころびが見え始めた。それは上杉一族内部での主導権争いであり、山内上杉家扇谷上杉家という上杉氏内部の有力家が対立し、両家の当主である山内上杉顕定と扇谷上杉定正との間で争いが生じ、関東はまたもや騒乱の嵐に巻き込まれた(長享の乱)。

古河公方・足利成氏の跡を継いだ政氏は当初は扇谷定正を支持したが、定正が死去すると姿勢を変えて山内顕定を支持するようになった。だが、今度は永正3年(1506年)になると古河公方家のなかでも政氏と嫡男の高基との父子間でも対立が生じた(永正の乱)。父子の対立の原因は、古河公方家の権威と勢力の回復策に対する方針の相違であり、政氏は山内上杉家と提携しながらそれを実現しようとし、高基は急速な勢力拡大を推進している後北条氏の力を利用することに活路を見出そうと考えた。

それらの動きの中で小山氏は、持政が死の寸前に成氏から離反したとはいえ、成長が家督を継ぐと、方向転換して古河公方家と再び親密な関係を持つようになっていた。上杉氏同士の対立では目立った行動はなかったが、公方家の内紛が開始されると成長は政氏に味方して活動し、政氏方の中心勢力となった。永正9年(1512年)、勢力を失い古河城を退去した政氏を祇園城に迎えるなど、政氏支援を継続した。

永正11年(1514年)、政氏の命を受けた成長は佐竹義舜岩城由隆らと共に宇都宮錯乱で疲弊した宇都宮忠綱宇都宮城や古河城を攻撃したが、援軍として宇都宮成綱結城政朝が出陣したために、小山佐竹岩城両那須軍はもろくも撃退されてしまう。これを契機に政氏方は次第に劣勢になり、高基は古河城に復帰して政氏に代わる事実上の古河公方として活動する。

永正13年(1516年)、小山氏も政氏の支援をやめて高基に味方するようになる。この小山氏の転向の背景には成長の子、政長の影響力が見え隠れしている。その政長が父に代わって小山氏の実権を掌握し事実上の小山氏の指導者となる。この前後に成長の活動が途絶えるのもその結果だと思われる。そして政氏は小山氏の離反によって祇園城から追放され、高基が古河公方として認知された。

脚注編集

  1. ^ 佐藤博信「室町・戦国期における小山氏の動向-代替わりの検討を中心として-」『古河公方足利氏の研究』校倉書房、1989年 ISBN 978-4-7517-1980-0