山川氏(やまかわ し)は、結城朝光結城氏始祖・小山政光三男)の子である山川重光(しげみつ)を祖とする結城氏庶流である。



概要編集

結城氏の傘下にあったが、家臣というよりは同盟者に近い存在であった。戦国時代に入り、古河公方家の争いなどにより内部分裂などで結城氏の勢力を弱まると結城氏の傘下にあった領主の中には、独立を画策する者もいたが、山川氏は結城氏をよく補佐している。また、本家筋である結城氏や小山氏に後継がいない場合には養子縁組を度々おこなっている。

戦国時代に入って、上杉謙信後北条氏北条氏康ほか)が関東の覇権を争うようになると、主家である結城晴朝後北条氏に従う一方で、山川氏は上杉謙信に従って北条氏と戦ったが、のちに結城氏も反北条陣営に参加し、山川氏と行動を共にするようになる。

系譜編集

小山政光 - 結城朝光 - 山川重光※ = 重義(重光の兄・寒河時光の子) - 光義 - 景重 - 朝景 - 政景 - 基貞 = 基義(基貞の婿養子、名は氏義とも、実父は結城基光またはその子小山泰朝

※ 重光の跡は甥の重義が継いだが、実子としては娘がおり、安達宗顕に嫁いで時顕を生んでいる。


  • 山川氏(景貞流) - ※ 一部の当主は主家の結城氏から偏諱を受けていると推測される。
基義(氏義) - 景貞 - 基景(※ 一時期結城氏の当主になったといわれる)- 朝貞 - 政貞 - 直貞 - 氏重 - 晴重 - 朝貞
  • 山川氏(景胤流) → 山川氏系小山氏
基義(氏義) - 景胤 - 小山成長小山氏を嗣ぐ) - 政長小四郎(※ 山川氏出身だが、系図上での位置は不明)