メインメニューを開く

概要編集

1990年平成2年)6月1日開園[1]。東京国際カントリー倶楽部ゴルフ場で分断され、本園、梅木窪分園、大久保分園、山中分園等に分かれている。計画面積は約1,468,000 m2のうち、約443,193m2が開園している。

施設編集

 
上池
 
下池
 
小野球場
本園
梅木窪分園
  • アサザ池
  • うさぎ谷
  • 吊橋
大久保分園
  • トンボ池

生物編集

 
アサザ池
 
トンボ池

植物では絶滅危惧II類に指定されているトキホコリや準絶滅危惧に指定されているタコノアシが自生しているほか梅木窪分園のアサザ池にはアサザが移植されている[3]。鳥類ではルリビタキジョウビタキカワセミなどが生息している。他の植物としてはイチリンソウエノキクヌギコナラシラカシモウソウチクカントウタンポポススキなどが見られる。

アクセス編集

  • 駐車場あり、入園料無料。
本園
山中分園

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集