小松未歩 7 〜prime number〜

小松未歩 7 〜prime number〜』(こまつみほ セブン プライム ナンバー)は、小松未歩の7枚目のアルバム。2005年1月26日にGIZA studioより発売された。規格品番はGZCA-5062[1]

小松未歩 7 〜prime number〜
小松未歩スタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年
ジャンル J-POP
時間
レーベル GIZA studio
プロデュース 小松未歩(Executive Producer : KANONJI ROCKAKU
チャート最高順位
小松未歩 アルバム 年表
lyrics
2003年
小松未歩 7 〜prime number〜
2005年
小松未歩 8 〜a piece of cake〜
2006年
『小松未歩 7 〜prime number〜』収録のシングル
テンプレートを表示

内容編集

  • 翼はなくても」から「I 〜誰か...」までの4作のシングル曲などを収録した7枚目のアルバム。
  • サブタイトルのprime number(=素数)の意味は、1とその数字でしか割り切ることの出来ない数字のこと。つまり、これまでのアーティスト活動を支えてくれたファンの皆と自分でしか分かち合えないアルバムに仕上がったということを意味し、本人も素数という言葉の響きが気に入ったからであるという。[2]
  • ジャケット写真は、大阪府大阪市浪速区フェスティバルゲート内にて設置されていた、マーメイドカルーセル(メリーゴーランド)前で撮影された。
  • ボーナス・トラックには「涙キラリ飛ばせ」のJAZZ風ヴァージョンが収録予定だった(Music Freak Magazine121号INFORMATIONより)

収録曲編集

全作詞・作曲/小松未歩

  1. 翼はなくても 編曲:古井弘人
    20thシングル。
    出版者:ギザミュージック
  2. ひとは大昔 海に棲んでたから 編曲:大賀好修
    出版者:ギザミュージック
  3. 砂のしろ 編曲:古井弘人
    22ndシングル。
    出版者:ギザミュージック
  4. 故郷 編曲:古井弘人
    出版者:ギザミュージック
  5. sha la la... 編曲:岡本仁志
    22ndシングル「砂のしろ」のカップリング曲。
    出版者:ギザミュージック
  6. じゃあね それじゃあね 編曲:池田大介
    出版者:ギザミュージック
  7. diplomacy 編曲:大賀好修
    出版者:ギザミュージック
  8. 恋心 編曲:小林哲
    21stシングル「涙キラリ飛ばせ」のカップリング曲。
    出版者:ギザミュージック
  9. 東京日和 編曲:小林哲
    出版者:ギザミュージック
  10. 涙キラリ飛ばせ (Album Ver.) 編曲:古井弘人
    21stシングルのアルバムバージョン。間奏にギターソロが流れる。
    出版者:ギザミュージック
  11. I 〜誰か... 編曲:古井弘人
    23rdシングル。
    出版者:日本テレビ音楽
  12. 君のなせるワザ 編曲:大賀好修
    出版者:ギザミュージック
  13. 翼はなくても 〜Extravagant MIX〜 remixed by Mr.Lee
    20thシングルのリミックス。
    出版者:ギザミュージック

レコーディング参加編集

  • 大賀好修OOMSensation) - エレクトリックギター(#1,#2,#7,#8,12)、アコースティックギター(#1,#2,#7,#8,#9,#12)、プログラミング(#2,#7,#12)
  • 麻井寛史the★tambourinesWAR-ED・Sensation) - バス(#2)、プログラミング
  • 三好誠rumania montevideo) - エレクトリックギター&アコースティックギター(#3,#4,#10,#11)、プログラミング
  • 岡本仁志GARNET CROW) - コーラス&エレクトリックギター&アコースティックギター&プログラミング(#5)、エレクトリックギター(#10)
  • 古井弘人(GARNET CROW) - プログラミング(#1,#3,#4,#10,#11)
  • 池田大介 - プログラミング(#6)
  • 小林哲 - プログラミング(#8,#9)

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ビーイングと新光グループの提携で設立された台湾企業、新光美音(Shin Kong Being)の品番はSBCA-5001。
  2. ^ MIHO KOMATSU CAN YOU FEEL? HER MESSAGE“7thまでの道のりを一緒に歩んでくれた「皆さんと私とでしか分かち合えないアルバム」になったので、1とその数字自身でしか割れないのが“素数”という素敵な響きにあやかって“prime number”と名付けました。”『J-groove magazine(2005年3月号)』、ジェイロックマガジン社。

関連項目編集

外部リンク編集