メインメニューを開く

小林 一枝(こばやし かずえ、旧姓:古梶〈こかじ〉、1951年1月1日 - )は、テレビ朝日放送番組審議会事務局担当部長、元アナウンサーである。身長は166cmと長身。

目次

経歴・人物編集

東京都出身。東京都立駒場高等学校国立音楽大学を卒業後、1974年4月に当時のNETへ入社した。小林の入社後、NETではテレビ朝日と社名が変わった1977年まで3年間アナウンサーの採用が無かった[1]

世界の車窓から』や、『ビートたけしのTVタックル』『サンデープロジェクト』といった討論番組、スーパー戦隊シリーズやアニメなど子供向け番組で多くの提供アナウンスを担当し、『素敵な宇宙船地球号』と『世界の車窓から』(関東地区のみ)は異動後も長らく使用されていた。

テレビ朝日の女性アナウンサーとしては在職期間が約25年間と長かったが、のちに宮嶋泰子アナウンサーに抜かれている。その後はお客様フロント部などで勤務した他、テレビ朝日アスクの講師も務めている。

過去の出演番組編集

ナレーション編集

同期アナウンサー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1976年11月15日付朝刊24面記事「顔」より。

外部リンク編集