メインメニューを開く

小林信明(こばやし しんめい、1906年11月25日-2003年3月5日[1])は、日本の漢文学・中国哲学者。

目次

略歴編集

愛知県出身。東京文理科大学文学部漢文学科卒。1955年「古文尚書伝流考」で京都大学文学博士東京都立北野高等学校教諭、東京教育大学助教授をへて、教授。70年定年退官、名誉教授となる[2]

著書編集

  • 『中国上代陰陽五行思想の研究』大日本雄弁会講談社 1951
  • 『中国人の思考基底』大修館書店 1955
  • 『漢文研究法』洛陽社 1957
  • 『古文尚書の研究』大修館書店 1959

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 小林信明氏死去:四国新聞
  2. ^ 『著作権台帳』