メインメニューを開く

鎌田正

鎌田 正(かまた ただし、1911年(明治44年)1月7日 - 2008年(平成12年)6月13日)は、日本の漢文学者

福島県の渡部家に生まれ鎌田家へ養子に入る。1937年東京文理科大学漢文学科卒、助手、1938年東京高等師範学校教諭、1945年教授、1949年東京教育大学助教授、1957年教授、1961年「左伝の成立と其の展開」で東京教育大学文学博士。1974年定年退官、名誉教授東洋学術研究所長、東京成徳短期大学副学長。1983年勲三等旭日中綬章受勲。2001年秋山虔米山寅太郎とともに宮内庁の委嘱を受け、皇太子徳仁親王の長女・敬宮愛子内親王の名前、御称号案を天皇に上申した「勘進者」となった。諸橋轍次大漢和辞典』の修訂版を米山寅太郎とともに編纂した。2008年6月13日、虚血性心不全のため97歳で死去[1]

目次

著書編集

  • 『左伝の成立と其の展開』大修館書店、1963
  • 『解明漢文』文英堂 シグマ・ベスト、1965
  • 春秋左氏伝』明徳出版社 中国古典新書、1968
  • 新釈漢文大系 春秋左氏伝』明治書院(全4巻)、1971-1981。全注解
  • 『大漢和辞典と我が九十年』大修館書店、2001
  • 『声で読む論語孟子』學燈社、2007

共編著編集

  • 『漢文読本 入門篇』中西清、小林信明尾関富太郎大木春基牛島徳次鈴木修次共編 大修館書店、1951
  • 『高等漢文 巻1』中西清、小林信明、尾関富太郎、大木春基、牛島徳次、鈴木修次共編 大修館書店、1952
  • 『漢文教育の理論と指導』編 大修館書店、1972
  • 『諸橋轍次著作集』全10巻 米山寅太郎共編 大修館書店、1976-1977
  • 『文英堂学習漢字辞典』編 文英堂、1979
  • 『漢詩名句辞典』米山寅太郎共著 大修館書店、1980
  • 諸橋轍次『大漢和辞典』全12巻 修訂版 米山寅太郎共修訂 大修館書店、1984-1985
  • 『漢語林』米山寅太郎共著 大修館書店、1987
  • 『くわしい小学漢字辞典 シグマベスト』編 文英堂、1987
  • 『故事成語名言大辞典』米山寅太郎共著 大修館書店、1988
  • 『大漢語林』米山寅太郎共著 大修館書店、1992
  • 『大漢語林語彙総覧』米山寅太郎共著 大修館書店、1993
  • 『漢文名言辞典』米山寅太郎共著 大修館書店、1995
  • 『大漢和辞典 補巻』米山寅太郎共編 大修館書店、2000
  • 『大修館漢語新辞典』米山寅太郎共著 大修館書店、2001
  • 『新漢語林』米山寅太郎共著 大修館書店、2004

脚注編集

参考編集

  • 『人事興信録 第三十八版』1995
  • 「読売新聞訃報」