メインメニューを開く

小林昇

小林 昇(こばやし のぼる、1916年大正5年)11月1日 - 2010年平成22年)6月3日)は、日本経済学者経済学史専攻。立教大学福島大学名誉教授

京都市生まれ。東京帝国大学卒。1940年、福島高等商業学校講師。途中3年間の兵役を挟み、福島大学経済学部の設立などに尽力する。1955年から82年まで立教大学経済学部教授。ドイツ経済学史に新地平を開き、特にフリードリッヒ・リストの研究で名高い。

未來社から『小林昇経済学史著作集』(全11巻、1976-79年)が出版されている。死後故人についての回想録、服部正治・竹本洋編『回想 小林昇』(日本経済評論社、2011年12月12日刊)が出版されている。

目次

経歴編集

  • 1916年 京都に生まれる
  • 1920年 東京に移る
  • 1936年 武蔵高等学校文科卒業
  • 1939年 東京帝国大学経済学部経済学科卒業、東京海上火災保険会社入社
  • 1940年 5月、福島高等商業学校(嘱託)講師
  • 1941年 3月、福島高等商業学校教授
  • 1944年7月29日 召集令状受領 8月 金沢歩兵第107連隊補充隊第2機関銃中隊大隊砲小隊に入隊[1]
  • 1944年11月3日 輸送船日永丸で門司港出航 15日米国潜水艦の攻撃を受け、日永丸は沈没、竹筏で漂う
  • 1944年11月16日 海防艦により救助。サイゴンに上陸。
  • 1945年4月1日 自己申告によりインドシナ派遣軍に転属。4月21日雲南省ラオカイに到着。6月1日、チエンクアンに到着
  • 1945年8月5日 タムダオ山地に機関銃陣地を構築 
  • 1946年4月27日 ニンビン、チョウガン、テンホン、ハイフォン、浦賀を経て福島着 その後復職[2]
  • 1949年 6月、福島大学経済学部教授
  • 1950年 経済学史学会創立に参加。1960年から幹事、ついで代表幹事。(1972年から74年)
  • 1955年 4月、立教大学経済学部教授。8月、経済学博士(東京大学)。論文の題は「フリードリツヒ・リストの研究 」[3]
  • 1961年 4月、立教大学経済学部長(-1963年3月)
  • 1964年 西ドイツに出張
  • 1972年 日本学士院賞受賞
  • 1976年 アダム・スミス賞受賞
  • 1982年 立教大学定年退職、大東文化大学教授。7月、立教大学名誉教授。
  • 1990年 大東文化大学退職
  • 1992年 日本学士院会員
  • 2010年 6月3日肺炎にて死去。93歳没[4]

著作編集

単著編集

  • 『フリードリッヒ・リスト序説』伊藤書店、1943年
  • 『フリードリッヒ・リストの生産力論』東洋経済新報社、1948年
  • 『フリードリッヒ・リスト研究』日本評論社、1950年
  • 『重商主義の経済理論』東洋経済新報社、1952年
  • 『重商主義解体期の研究』未來社、1955年
  • 『経済学史研究所説─スミスとリスト─』未來社、1957年
  • 『経済学の形成時代』未來社、1961年
  • Die List-Forschung in OsdeutschlandThe Science Council of Japan, 1962
  • 『原始蓄積期の経済諸理論』未來社、1965年
  • 『フリードリッヒ・リスト論考』未來社、1966年
  • 『シュワーベンの休暇 歌集』未来社 1966年
  • James Steuart, Adam Smith and Friedrich List(The Science Council of Japan, 1967)
  • 『私のなかのヴェトナム』未来社、1968年
  • 『経済学史評論』未來社、1971年
  • 『国富論体系の成立 アダム・スミスとジェイムズ・ステュアート』未來社、1973年
  • 『小林昇経済学史著作集』全11巻、未来社、1976-89 
  • 『帰還兵の散歩』未来社、1984.12
  • 『東西リスト論争』みすず書房、1990.9
  • 『百敗 歌集』角川書店、1991.2
  • 『最初の経済学体系』名古屋大学出版会、1994.12
  • 『経済学史春秋』未來社、2001.11
  • 『山までの街』八朔社、2002.11

共著・編編集

  • 『イギリス重商主義論』御茶の水書房、1955  
  • 『経済学史小辞典』学生社、1963
  • 『経済学史』有斐閣双書、1967
  • 杉山忠平共著『西洋から西欧へ』日本経済評論社、1987.11
  • 『資本主義世界の経済政策思想』昭和堂、1988.3

翻訳編集

  • フリードリッヒ・リスト『農地制度・零細経営および国外移住』日本評論社、1949
  • ワーメル著、米田清貴共訳『古典派賃金理論の発展』未来社、1958
  • フリードリッヒ・リスト『経済学の国民的体系』岩波書店、1970
  • フリードリッヒ・リスト『農地制度論』岩波文庫、1974 
  • ジョウゼフ・ハリス『貨幣・鋳貨論』東京大学出版会、1975

家族・趣味など編集

長女が父と母の思い出を書いている。[5]それによると、昇もその妻も学者の家庭出身であるが、学問生活地中心の生活をさせたという。妻は東京女子大をでて、以前はピアノを習っていた。結婚後は女中を辞めさせ、妻の親せきとの付き合いをしなかったという。妻は戦争前後の苦しい生活に耐えた。一男、二女に恵まれた。戦地での経験は昇に人生に力を与え、ある醒めた感覚を植えたという。精力的に仕事はしたが、グループを作ることは嫌い、短歌も一人で続けた。歌集 私家版『越南悲歌』、『シュワーベンの休暇』『百敗』、『歴世―小林昇全歌集』などがある。[6]兵役期間を含む福島時代の終わりごろ、同僚から感化され、こけしに興味をもった。上京後「東京こけし友の会」に入会。『こけし・美と系譜』(昭和41年、社会思想社刊)に昇のコレクションが紹介されている。福島市にできた「原郷のこけし群西田記念館」には昇のコレクションが長女を通して寄贈されている。[7]

脚注編集

  1. ^ 服部[2011:381]
  2. ^ 服部[2011:382]
  3. ^ 博士論文書誌データベースによる
  4. ^ “立教大学元経済学部長の小林昇さん死去 93歳”. 朝日新聞. (2010年6月4日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0604/TKY201006040307.html 2010年6月15日閲覧。 
  5. ^ 服部[2011:329-339]
  6. ^ 服部[2011:214-227
  7. ^ 服部[2011:297-304]

参考書編集

外部リンク編集