小林 米三(こばやし よねぞう、1909年8月18日[1] - 1969年2月10日[2])は、京阪神急行電鉄元社長、宝塚歌劇団理事長。プロ野球球団阪急ブレーブスのオーナーでもあった。

来歴・人物編集

阪急電鉄宝塚歌劇団の創業者である小林一三の三男として生まれた[3]。長兄・富佐雄が父の後を追うように死去、次兄・辰郎が松岡家に養子に出ていたため父の後を継いだ。

京都帝国大学経済学部卒業後、1932年阪神急行電鉄に入社。 1946年に取締役[4]1951年に専務取締役[5]1959年に代表取締役社長に就任[6]

専務時代の1956年に発生した庄内事件では、事件現場となった宝塚線庄内駅に自ら出向き、事態を収拾するため騒ぎを起こした群衆を説得した。

1968年5月から1969年1月まで、宝塚歌劇団理事長[7]

1959年から1969年1月まで関西テレビ放送社長を務めた。

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
和田薫
阪急電鉄社長
1959年~1969年
次代:
森薫