メインメニューを開く

小沢 章一(おざわ のりかず、1964年4月4日 - 2006年1月15日)は、元千葉英和高等学校保健体育教諭、野球部監督。

小沢 章一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1964-04-04) 1964年4月4日
没年月日 (2006-01-15) 2006年1月15日(41歳没)
選手情報
ポジション 二塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

来歴編集

東京都生まれ。1980年早稲田実業学校高等部入学、野球部入部。主な同期に荒木大輔石井丈裕(元プロ野球選手)。1年生から二塁手としてレギュラーとして定着し、1980年夏の甲子園では和田明監督の下、決勝で愛甲猛投手を擁する横浜高校に惜敗するも準優勝。荒木と共に1年生コンビとして人気となった。1981年の春、1982年の春、と在学中に出場可能な5回の甲子園にすべて出場した。3年生の時は主将。

1983年に早実を卒業し、早稲田大学教育学部へ進学。早稲田大学野球部に入部したが、故障に伴い、2年生からは早実のコーチへ転じた。1987年に大学卒業、千葉英和高等学校に赴任。野球部長を務めた後に、1988年から監督就任。監督としても甲子園の出場を目指していたが、2002年の千葉県大会のベスト4進出が最高で、2006年1月には肝臓がんにより千葉県船橋市の自宅で死去した。41歳没。

早実野球部での成績編集

関連項目編集