メインメニューを開く

小濱 新次(こはま しんじ、1915年5月12日[1] - 2005年7月30日[1])は、日本政治家公明党衆議院議員(4期)[1]

経歴編集

茨城県結城郡千代川村(現下妻市)出身[2]出羽海部屋に入門し1930年10月場所で初土俵を踏む[2][3]1936年1月場所に幕下に上がったが、徴兵検査を受け海軍に入り、横須賀鎮守府に勤務[2]。その後は相撲界に復帰することなく1941年5月場所限りで廃業[4]。最高位は東幕下10枚目だった[5]。後に航海学校高等科で航海術を学び[4]海軍兵学校教員となる[6]。終戦後、神奈川県で露天商(下駄販売[7])を始め、第1回国民体育大会から相撲を再び取り始め神奈川県代表として出場した[8]1959年横浜市議会議員(西区選挙区)となり、2期務める[2]1967年第31回衆議院議員総選挙神奈川3区に公明党から衆院議員に当選し通算4期務めた。1980年の第36回衆議院議員総選挙で落選し政界を引退。2005年死去。関東相撲連盟会長なども務めた。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『現代物故者事典 2003~2005』241頁。
  2. ^ a b c d 相撲」2005年9月号 141頁。
  3. ^ 『VANVAN相撲界』1989年7月号 79頁。
  4. ^ a b 『VANVAN相撲界』1989年7月号 82頁。
  5. ^ 『VANVAN相撲界』1989年7月号 81頁。
  6. ^ 『VANVAN相撲界』1989年7月号 84頁。
  7. ^ 当時の部下だった金子勝雄(のち横浜市議会議員)の証言
  8. ^ 『VANVAN相撲界』1989年7月号 85頁。

参考文献編集