浅井美幸

浅井 美幸(あさい よしゆき、1927年8月25日 - 2009年10月4日)は、日本政治家東京都出身。衆議院議員

浅井美幸
あさい よしゆき
生年月日 1927年8月25日
出生地 東京都
没年月日 (2009-10-04) 2009年10月4日(82歳没)
出身校 旧制東京歯科医師専門学校
(現・東京歯科大学
所属政党 (公明政治連盟→)
(公明党→)
(公明→)
公明党

選挙区 大阪府第2区
当選回数 9回
在任期間 1967年1月30日 - 1993年6月18日
テンプレートを表示

経歴編集

1927年8月25日、東京都に生まれる。 1948年、東京歯科医専(現・東京歯科大学)を卒業する。

1967年公明党の衆議院初進出となる衆院選に旧大阪2区から立候補し、初当選する。国会対策委員長に就任する。

1969年、国対委員長を渡部一郎に譲り退任する。

1970年、公明党委員長の竹入義勝を団長とする第1次公明党中華人民共和国訪問団(訪中団)に参加し副団長に就任する。1971年から1972年田中角栄首相自民党総裁の中国訪問までに第2次、第3次の訪中団として日中間の交渉をおこなう。18年に渡り中央執行副委員長を歴任する。

1989年リクルート事件に伴う公明党委員長の矢野絢也の明電工事件発覚により、執行部の責任を執って副委員長を辞任し公明党の役職から外れる。

1993年、政界を引退する。

2009年10月4日、肺炎のため死去82歳没[1]

人物編集

脚注編集