小澤 武(こざわ たけし、1906年明治39年)6月23日 - 1985年昭和60年)3月28日)は、日本剣道家。段位範士八段(全日本剣道連盟)。北辰一刀流剣術宗家日本古武道協会認定)、新田宮流抜刀術継承者。

経歴編集

佐賀市生まれ。旧姓は中島。京都大日本武徳会武道専門学校に入学し内藤高治に剣道を学ぶ。

1929年(昭和4年)、武道専門学校を卒業し、茨城県師範学校及び水戸商業高等学校教諭に赴任。小澤家の婿養子となり[要出典]水戸東武館第4代館長を務める[1]1932年(昭和7年)、武道専門学校研究科を卒業。

1953年(昭和28年)、太平洋戦争中の水戸空襲で焼失した水戸東武館を再建。1966年(昭和41年)、茨城県剣道連盟会長に就任。剣道振興、青少年育成に尽力した。

段位称号編集

栄典編集

脚注編集

  1. ^ “[ry.html 東武館の概要]”. 水戸東武館. 2015年1月1日閲覧。

参考文献編集