メインメニューを開く

精錬証(せいれんしょう)は、大日本武徳会における表彰。事実上の称号である。精証は誤字(糸部ではなく金部)。

目次

概要編集

1895年明治28年)4月17日、小松宮彰仁親王総裁として大日本武徳会が結成され、同年10月26日から28日まで第1回の武徳祭大演武会が開催された。全国から989名の武術家の参加があった。この大会で、各武術の特に優秀な人物に「精錬証」と名付けた表彰が行われた。剣術では15名が選ばれた。弓術は17名、柔術は6名、槍術は3名であった。

1933年昭和8年)まで、毎年の武徳祭大演武会において、大会終了後に審査員が評議の上総裁に具状し、精錬証が発行された。1914年大正3年)9月には「精錬証授与例」が定められ、選出の基準が明文化された。なお、大会で良い立合をすれば何回でも授与すると規定していたが、実際は1回までという不文律があり、2回授与された者はいないとされる。

精錬証は、1902年(明治35年)に「範士」と「教士」の称号が制定されるまで、大日本武徳会における最高の表彰であった。範士・教士の制定後は教士の下位となり、授与数も増えたが、それでも精錬証を受有している者は一人前の扱いを受けた。

正式に称号化すべきとの意見が多くなり、1934年(昭和9年)、精錬証に代わって「錬士」が制定され、精錬証は廃止された。称号とは別に精錬証を残す案もあったが、複雑になることを避けるため廃止された。

第1回(1895年)編集

第2回(1896年)編集

第3回(1897年)編集

第4回(1899年)編集

第5回(1900年)編集

授与数編集

西暦 和暦 授与数 主な受領者
1895年 明治28年 15
1896年 明治29年 15
1897年 明治30年 5
1898年 明治31年 大会中止
1899年 明治32年 8
1900年 明治33年 7
1901年 明治34年 8
1902年 明治35年 5
1903年 明治36年 5
1904年 明治37年 5 小林定之二宮久
1905年 明治38年 8
1906年 明治39年 12 中山博道
1907年 明治40年 22 柴田衛守
1908年 明治41年 21
1909年 明治42年 55
1910年 明治43年 42 中野宗助
1911年 明治44年 49 植田平太郎中尾直勝持田盛二
1912年 明治45年 35
1913年 大正2年 45 小川金之助古賀恒吉
1914年 大正3年 大会中止
1915年 大正4年 70 大麻勇次奥村寅吉志賀矩大長九郎橋本統陽堀正平宮崎茂三郎
1916年 大正5年 68
1917年 大正6年 61 伊藤精司白土留彦鈴木祐之丞高野泰正
1918年 大正7年 35 江口卯吉加藤七左衛門
1919年 大正8年 37 井上平太佐々木季邦山本忠次郎
1920年 大正9年 62 戸張瀧三郎
1921年 大正10年 105 大野熊雄小城満睦小野十生政岡壹實吉澤一喜
1922年 大正11年 87 寺井知高中村藤吉
1923年 大正12年 121 黒住龍四郎笹森順造末次留蔵福島小一
1924年 大正13年 105 小西康裕坂井賢一
1925年 大正14年 122 鹿嶋清孝高野弘正中山善道増田道義山蔦重吉
1926年 大正15年 160 金谷為吉高山政吉
1927年 昭和2年 161 加藤久土田武司
1928年 昭和3年 177 岡田守弘河合堯晴佐藤貞雄高山時之助額田長堀口清
1929年 昭和4年 213 太田義人北見庸蔵玉利三之助鶴海岩夫野田和三郎野間恒
1930年 昭和5年 147 紙本栄一小澤武中島五郎蔵羽賀準一
1931年 昭和6年 244 奥山麟之助坂本土佐海中倉清
1932年 昭和7年 271 大野操一郎庄子宗光鈴木卓郎瀬下喜一高橋要土田博吉時政鉄之助中川申一山内豊健、山口勇喜
1933年 昭和8年 383 木村栄寿斎村龍雄作道圭二菅原恵三郎中野八十二森永清山本宅治山本晴介

参考文献編集

関連項目編集