メインメニューを開く

小玉 理恵子こだま りえこ1963年5月25日 - )は、神奈川県出身のゲームクリエイターセガゲームス所属。

経歴編集

考古学か絵のどちらかを大学で学ぶことを希望していたものの、大学受験に失敗したため、絵の道へ進むべきと考え、広告デザインの専門学校に進学した[1]。 専門学校時代の先輩にセガの社員がいたことと、なじみのないゲームの世界に新しさを感じたことを理由に、1984年にセガ(後のセガゲームス)に入社した[1]

ゲームの制作現場に興味を抱いた小玉は、入社後すぐ『チャンピオンボクシング』のキャラクターを手掛けた[1]。 入社当時セガには十分な人数のデザイナーがいなかったことから、進行中のプロジェクトの補助として特定のキャラクターのみのデザインを手掛けることも多く、1年間に5・6本分の仕事を掛け持ちすることもあった[1]

アーケードゲーム、家庭用ゲーム機ソフトのキャラクターデザイナーを経て、ディレクター、ゲームプロデューサーとなる。開発子会社であるオーバーワークス所属だった時期もある[1]

2019年にはゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワードのパイオニア賞に選ばれた。3月に行われるGame Developers Conferenceの会期中に授賞式が執り行われる[2]

主な作品編集

脚注編集

外部リンク編集