小田秀臣

小田 秀臣(おだ ひでおみ、昭和5年(1930年)10月4日[1] - 昭和62年(1987年)11月5日[2])、は、日本ヤクザ暴力団・三代目山口組若頭補佐兼本部長、小田秀組組長。

目次

来歴編集

昭和5年(1930年)10月4日、京都市伏見区で生まれた。

昭和33年(1958年)、小田組(後の小田秀組)を結成し、明友会に参加した。

昭和35年(1960年)8月9日、明友会事件が勃発した。

その後、三代目山口組若頭地道行雄の舎弟となった。

昭和39年(1964年)、山口組・田岡一雄組長の盃を受け、田岡一雄の若衆となった。

昭和43年(1968年)、若頭補佐に就任した。

昭和46年(1971年)に山本健一が三代目山口組若頭に就任し、小田秀臣は山口組本部長に就任した。

昭和48年(1973年)、小田秀臣と織田組織田譲二組長(本名は伊藤豊彦)は、東亜友愛事業組合と交渉し、東亜友愛事業組合沖縄支部(支部長は、宜保俊夫)を、山口組直系とした。

昭和50年(1975年)7月26日深夜、大阪戦争が勃発した。

昭和51年(1976年)4月、山本健一、小田秀臣ら山口組幹部8人は資本金6千万でビル管理を主業務とする「東洋信用実業」を設立し、役員となった。東洋信用実業は、「山口組会館」(後の四代目山口組本部)を建設した。また、それまで山口組幹部が田岡一雄の名代として使う慶弔の費用は、田岡一雄から出ていたが、上納金(山口組会費)から出すようにした[3]。また、山口組若頭補佐が山口組幹部名で出す慶弔の費用も、上納金から出すようにした。

昭和56年(1981年)7月23日、田岡一雄は、急性心不全により死去した。

山口組の運営は、山本健一の出所まで、山本広、小田秀臣、中西一男、竹中正久、益田組益田芳夫組長(後の益田佳於)、加茂田組加茂田重政組長(後の一和会副会長兼理事長)、豪友会中山勝正会長(後の四代目山口組若頭)、溝橋組溝橋正夫組長と、田岡文子で行なわれることになった。

昭和57年(1982年)2月4日、山本健一は、肝硬変腎不全を併発して死去した。これを切っ掛けに山口組四代目跡目問題が浮上した。当初、小田秀臣は中山勝正を四代目組長に推していたが、中山が断ったため、山本広を推すグループに属した。

同年4月27日、山本健一の山口組組葬が、田岡邸の隣で行なわれた。小田秀臣は葬儀執行副委員長を務めた。

昭和59年(1984年)6月5日午後3時、山口組直系組長会で、竹中正久は、山口組四代目組長就任の挨拶をした。山本広を支持する直系組長は、直系組長会に出席しなかった。出席したのは直系組長96人中46人と、田岡一雄の舎弟2人だった[4]

同日、小田秀臣は大阪市東区の松美会(会長は松本勝美)事務所で、山本広、加茂田重政、佐々木組佐々木道雄組長、溝橋正夫、北山組北山悟組長、松本勝美らと共に在阪のマスコミ各社を呼んで、記者会見を開き、竹中正久の山口組四代目就任に反対した。

竹中正久の山口組四代目就任に反対する山口組直系組長は、山口組の山菱の代紋を、組事務所から外し、一和会を結成した。

小田秀臣は一和会には参加せず、ヤクザから引退した。

昭和62年(1987年)11月5日[5]、小田秀臣は心臓病で死去した。

脚注編集

  1. ^ 出典は、溝口敦『山口組ドキュメント 血と抗争』三一書房、1985年、ISBN 4-380-85236-9 のP.292
  2. ^ 出典は、溝口敦『山口組ドキュメント 五代目山口組』三一書房、1990年、ISBN 4-380-90223-4 のP.265
  3. ^ 田岡一雄と山口組若頭は、上納金(山口組会費)を免除されていた
  4. ^ 出典は、飯干晃一『ネオ山口組の野望』角川書店<角川文庫>、1994年、ISBN 4-04-146436-6 のP.78
  5. ^ 出典は、溝口敦『山口組ドキュメント 五代目山口組』三一書房、1990年、ISBN 4-380-90223-4 のP.265

小田秀臣関連の映画・オリジナルビデオ編集

参考文献編集